スミに置けない黒いヤツ・マクドナルドでイカスミバーガーなど限定発売

2014/10/02 16:49

イカスミバーガー日本マクドナルドは2014年10月2日、ハロウィンをテーマにしたキャンペーン「マクドナルド ハロウィン」を展開すると共に、そのキャンペーンにマッチした新商品として「イカスミバーガー」「カマンベール チキンフィレオ」「マックフルーリー パンプキンオレオ」の3品目を、同年10月8日から10月下旬までの期間限定で発売すると発表した。価格はそれぞれ370円・370円・276円(税込)。朝マック時間帯「以外」での発売(【発表リリース:日本マクドナルド初“ハロウィン”テーマの個性豊かな新メニュー マクドナルド ハロウィン 「イカスミバーガー」「カマンベール チキンフィレオ」「マックフルーリー パンプキンオレオ」10月8日(水)から期間限定販売】)。



↑ 上段左から「イカスミバーガー」「カマンベール チキンフィレオ」、下段「マックフルーリー パンプキンオレオ」
↑ 上段左から「イカスミバーガー」「カマンベール チキンフィレオ」、下段「マックフルーリー パンプキンオレオ」

毎年10月末日に展開される西洋のお祭り「ハロウィン」だが、最近では日本でもそれなりに定着しつつある。特にかぼちゃ関連の商品の発売や、さまざまな飾りを住宅に施して彩りを鮮やかにする情景をしばしば見受けることができる。今回マクドナルドではそのハロウィンに合わせる形で、雰囲気を盛り立てる個性的な新メニューを展開することになる。

イカスミバーガーハンバーガーの種類からは2品目。「黒魔女がハンバーガーにいたずらをしたら」との設定の元に開発された、黒ゴマの香ばしさがポイントのブラックバンズやイカスミソースで黒光りする、謎な雰囲気を持つ「イカスミバーガー」は、見た目だけでも驚きを覚えさせる。具材にもカリッとした食感のフライドオニオンや、辛味とスモーク風味のチポトレソース(熟成した唐辛子を燻製にしたもの)が加わることで、味覚の上でもイタズラっぽさを楽しむことができる。

一方「カマンベール チキンフィレオ」は正反対の白色が光るハンバーガー。ベースはチキンフィレオバーガーだが、バンズの部分がホワイトバンズで作られている。こちらのイメージは「チキンフィレオがお化けに仮装をしたら」というものだそうだが、「イカスミバーガー」と合わせることで、互いの色合いをより一層印象深いものとさせる。

そして「マックフルーリー パンプキンオレオ」は、かぼちゃの風味豊かなパンプキンソースを用いたマックフルーリー オレオ。かぼちゃ独特の甘味が、普段のマックフルーリーとは異なる、季節感のある芳醇な甘みとの出会いを提供してくれる。

視覚は味覚に大きな影響を与えるが、今回の「イカスミバーガー」「カマンベール チキンフィレオ」はその見た目のインパクトの大きさに、少々戸惑いすら覚えてしまう。果たしてその驚きに合うだけの味わいを呈してくれるのか。特に「イカスミバーガー」には好奇心をくすぐられる人が多いに違いない。


■関連記事:
【和の香りただよう月見向けサイドメニュー「きのこリゾットボール」「マックフルーリー 抹茶オレオ」マクドナルドから登場】
【黒光りするあの中華まんが復活「復刻イカスミまん」井村屋から発売】
【史上初の特別メニュー・FIFA World Cup 公式ハンバーガーなど14品目、マックから期間限定発売】
【黒の一族の野望!? 江崎グリコが「黒カレー」など黒色食品を展開】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー