オールLEDなガソリンスタンド、コスモ石油にて登場・消費電力は約半減!

2009/09/17 08:04

オールLEDなガソリンスタンドイメージ【コスモ石油(5007)】は2009年9月14日、千葉県四街道市に、サインポール(柱型の看板)を含むすべての照明光源にLED(Light Emitting Diode)を採用した実験店舗「セルフピュア四街道吉岡」を9月4日にオープンしたと発表した。年間消費電力は1万5695キロワット時が見込まれ、従来店舗の3万0400キロワット時から約半減できることが期待されている(【発表リリース】)。


LED実験店舗「セルフピュア四街道吉岡」
LED実験店舗「セルフピュア四街道吉岡」

本サービスステーションはLEDを採用したサインポール・キャノピーサイン(屋根の電飾)に加え、コスモ石油側の意見を取り入れながらシャープがサービスステーション(ガソリンスタンド)向けに開発した「キャノピー照明」を含む屋外照明、屋内照明等、店舗内のすべてに省エネルギー型LED照明を試験的に導入している。今回の全照明の光源LED化は、電気使用量の削減に伴う二酸化炭素排出量の削減に加え、LEDが長寿命であるため廃棄物の削減にも繋がる。

実験店舗に設置しているサインポール・キャノピーサインは、LED化することにより蛍光灯使用時に比べ約8割の電気使用量の削減効果が見込まれ、それ以外の照明は従来照明より約4割の電気使用量及び二酸化炭素が削減されると試算している。リリースにはLED導入前後における電力消費量試算が掲載されているが、それによると「導入前……3万0400キロワット時」「導入後……1万5695キロワット時」となり、約49%の電力量削減が見込めることになる。

LEDの耐久年度や導入コストを考慮した上でコストパフォーマンスを考える必要があるが、CI活動の一環としてアピールできるメリットもあわせて考えれば、十分元は取れる。さらにシャープとの連携関係があるのなら、【セブンイレブンの屋上に太陽光発電・電力買取で環境保護をアピール】で紹介したコンビニのように、平らな屋根の部分に太陽電池を設置してその電力「も」使えるようにすれば、ますます環境への優しさをアピールできたはずだ。今後の展開において、そのような発想が実現することに期待したい。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー