甘熟王と生チョコソースの画期的な組み合わせなアイス「甘熟王チョコバナナオムレット」登場

2014/10/11 09:41

甘熟王チョコバナナオムレット森永乳業は2014年10月9日、オムレットスタイルのアイスクリーム「甘熟王チョコバナナオムレット」を同年10月20日から発売すると発表した。価格は160円(税別)。内容量60ミリリットル。熱量271kcal。商品区分はアイスミルク(【発表リリース:バナナの王様!「甘熟王バナナアイス」からオムレットが登場!「甘熟王チョコバナナオムレット」10月20日(月)より新発売】)。

↑ 甘熟王チョコバナナオムレット
↑ 甘熟王チョコバナナオムレット

「甘熟王(かんじゅくおう)」とはスミフルが最高の美味しさを求めて高地栽培のバナナを開発し、その後類似のバナナが複数出回る中で、当初から同社が持つ高地栽培のノウハウと経験を含む独自栽培技術を活かし、他のバナナから群を抜く甘さとコクのあるバナナとして開発された、高糖度系バナナ。名前には「甘くて美味しいフルーツの王様」という意味が込められている。森永乳業ではこの「甘熟王」を用いたアイスクリーム商品として「甘熟王バナナアイス(カップ)」「同(6本入り)」の2品目を展開しており、今回登場する「甘熟王チョコバナナオムレット」は3つめの新商品となる。

「甘熟王チョコバナナオムレット」は、「甘熟王」のバナナピューレ(すりつぶして半液体の状態にしたもの)を使ったバナナアイスの中に、生チョコソースを入れ、さらにしっとりとしたバナナ風味のスポンジケーキで包み込んだ、オムレットタイプのデザートアイス。「甘熟王」ならではの芳醇なまでのバナナの香り、そして濃厚な味わいを、バナナとは極めて相性の良いチョコによる生チョコソースとの組み合わせて楽しむことができる。また食感としても生チョコソースのとろりとした柔らかさ、さくっと冷たいバナナアイス、そしてふんわりしっとりとしたスポンジケーキと、3つの異なる歯触りを持つ食材が一体化しており、複数の食感が一つになって口の中に納まる時に生み出される刺激的な旨味を堪能できる。

パッケージデザインには高級感を思わせる濃い目の赤色をベースに、開場前の劇場を思わせるような背景を描き、旨みの共演による華やかな舞台が繰り広げられる状況をイメージしている。また商品の断面図を大胆に描いてその中身を披露すると共に、「甘熟王」のキャラクタ「バナナの王様」をあしらい、その商品特性をアピールしている。

「甘熟王」ならではのステキな甘みを舌で覚えている人には、生チョコソースを加えるという絶妙なまでの組合せに、魅力を覚えざるを得ないオムレットアイスに違いない。


■関連記事:
【何て素敵なアイスなの!? パティシエのこだわりアイス「ガトーオムレットストロベリー」発売】
【チロルチョコの新作は夏祭りでお馴染みの「チョコバナナ」】
【夏の祭りを「きのこ」と「たけのこ」で疑似体験・「きのこの山 チョコバナナ」「たけのこの里 いちごミルク」登場】
【夏の祭りをコアラのマーチやパイの実などで大満喫・ロッテのお菓子で「夏祭り」開催】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー