【販売中止の追記あり】ホンモノのバスのボタンをゲットしよう・東急バスが降車ボタンセットを発売へ

2014/10/18 08:41

降車ボタン&工作キットセット東急バスは2014年10月17日、東急バスで使用されている本物の降車ボタンを用いたアイテム「降車ボタン&工作キットセット」を同年10月21日から発売すると発表した。価格は3000円(税込)。電池は9Vタイプ。通販サイト【TOKYU STYLE】、電車とバスの博物館、東急バス渋谷案内所・武蔵小杉案内所での発売(【発表リリース:「降車ボタン&工作キットセット」を販売します!あわせて、ノッテちゃんぬいぐるみの通信販売も開始!】)。

↑ 降車ボタン&工作キットセット
↑ 降車ボタン&工作キットセット

今回発売が決まった「降車ボタン&工作キットセット」は、東急バスで実際に使われている降車ボタンと、そのボタンを光らせる(「とまります」のメッセージ)ことができるキットを一体化したもの。降車ボタンを押すことで灯りが付き、バス車内でのボタン押し感を自宅で思う存分、好きなだけ楽しむことが出来る。今件商品は首都圏で開催されている「バスの日イベント」で発売されていたが、今回通販などでより広域での展開となった。

機能としては「ボタンを押すと光る」のに加え、ボイスレコーダー機能(6秒)も有している。ボタンを押すと再生されるので、伝言の録音ができるほかに、本物のバスのブザー音を録音させれば、よりリアルな降車ボタンとしての楽しみ方もできる(つまり初期状態ではバスのブザー音が収録されているわけでは無い)。

また東急バスのイメージキャラクター「ノッテちゃん」を用いたぬいぐるみ2種類(通常サイズ、ミニサイズ)も同時に発売される。

↑ 「ノッテちゃんぬいぐるみ」と「ノッテちゃんぬいぐるみmini」
↑ 「ノッテちゃんぬいぐるみ」と「ノッテちゃんぬいぐるみmini」

バスでお馴染みの降車ボタンは、とりわけ子供にとっては憧れの対象。自分の挙動によって車内に音が鳴り響き、そして周囲の人が何らかの反応を示し、さらにバスが停車するという「周りを動かした」感は、何物にも代えがたい恍惚をもたらしてくれることになる。その疑似体験を好きなだけ出来るアイテムに、多くの子供がとりこになることだろう。

今商品では単にバスの降車ボタンとして使うだけでなく(音は実際に集音するなり、動画共有サイトで拾うこともできる)、ボイスレコーダーとして用いることができるのもポイントが高い。ちょっとした家族間の連絡用アイテムとしても、オモシロ有意義な存在となるに違いない。


※追記:
【「降車ボタン工作キット」に関するお詫びとお願い】にある通り、「降車ボタン工作キット」において工作時の絶縁不十分の場合、ボイスレコーダーのボタン電池が破損するケースが判明。安全性を最優先するため、流通済みの商品の回収と返金が発表された。また絶縁不良対策の検討が始まっているが、対応品の発売時期などは現時点では未定。したがって10月21日からの各ルートでの発売も見合わせとなってしまっている。すでに予約した分もキャンセル扱いとのこと。

残念ではあるが安全を第一に考えれば仕方のない話ではある。


■関連記事:
【日本最古の現役路面電車で昔の姿に復元されたモ161号車をモデル化・阪堺電気軌道からオリジナルサウンドトレイン発売】
【ベビーブック12月号付録はあの「ぴんぽーん」】
【バス降車ボタン押し放題】
【「バスのピンポンボタン大集合」再び・今度は大阪・梅田店で】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー