これはステキ・松屋の納豆が量販店などで発売開始

2014/10/18 09:32

松屋の定食納豆牛丼チェーン店松屋は2014年10月17日、松屋店舗内で発売している「松屋の定食納豆」について、「定食納豆 極小粒カップ」として関東地区(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・群馬県・茨城県・栃木県・山梨県・長野県・静岡県及び中京地域の一部)の量販店で同年10月中旬から順次発売していくと発表した。価格はオープン価格。40グラム2個入りのセット。製造・販売は松屋の納豆製造担当のヤマダフーズが行う(【発表リリース:「松屋の定食納豆」関東地区の量販店等で新発売!】)。

↑ 松屋の定食納豆
↑ 松屋の定食納豆

松屋ではサイドメニューの一つとして納豆をネギ付きで発売している(価格は80円)。朝食メニューをはじめとして食事に一品加えたい時に重宝されるが、持ち帰りが出来ないのが仇だった。しかし今回関東地区限定ながらも一般店舗で発売されることにより、自宅をはじめとする松屋以外の場所でも食することができるようになった(店内販売品と異なり、ネギはついていない)。

納豆そのものは食べやすい極小粒大豆を用い、ふっくらと程よく蒸し上げている。独自の納豆菌を使用し、豊かな味わいに仕上げているのが特徴。また松屋の他のメニュー同様、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料を使用しないタレと無着色のからしをつけているのも高ポイント。

カップは松屋店内で提供されるものと同じデザイン。そして2個づめのパッケージにも松屋カラーである黄色とオレンジ、青を用いており、松屋のロゴが大きく使われ、松屋の納豆であることが一目で分かる体裁となっている。

松屋に足しげく通い、松屋の納豆をこよなく愛している人には、待ちに待った一品。これでそれこそ毎日、毎食のように松屋の納豆を楽しむことができるに違いない。


■関連記事:
【目指せ納豆かき混ぜ424回・魯山人提唱の納豆かき混ぜを手軽に追及するマシン「食の極み『魯山人納豆鉢』」タカラトミーアーツから発売】
【松屋、「とろろ」の販売を中止】
【ミツカンから金のつぶ・ポケモン納豆発売】
【おかずの気分で使えるラー油「ぶっかけ!おかずラー油チョイ辛」、エスビー食品から登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー