短くてよりチョコに近いポッキー「ポッキーミディ」にとろける仕立てなショコラとイチゴが登場

2014/11/22 09:25

ポッキーミディ<ぽってりイチゴ>江崎グリコは2014年11月21日、同社のチョコレート菓子「ポッキーミディ」シリーズの新作として「ポッキーミディ<ぽってりショコラ>」「ポッキーミディ<ぽってりイチゴ>」の2品目を同年12月2日から発売すると発表した。価格はオープン価格。12本(4本・3袋)入り(【発表リリース:ぽってりチョコをまとったミディアムサイズポッキー『 ポッキーミディ < ぽってりイチゴ > 』2014年12月2日(火)から全国で新発売】)。

↑ 「ポッキーミディ<ぽってりショコラ>」と「ポッキーミディ<ぽってりイチゴ>」
↑ 「ポッキーミディ<ぽってりショコラ>」と「ポッキーミディ<ぽってりイチゴ>」

「ポッキーミディ」とは江崎グリコのポッキーシリーズの派生型の一種で、長さを半分程度の約90ミリとし、ビスケットを包み込むチョコレートの厚みを増して全体に対するチョコレート比率を75%にまで上げ、口に含んだ時のチョコレート感を大きく底上げしたもの。また商品のサイズに合わせる形でパッケージをほぼ正方形としたことで、バッグの中にスマートに収まるのもポイントの一つ。チョコレートが通常のポッキーと比べてたっぷりと絡めてある見た目の面白さも合わせ、商品名に「ぽってり」と付けられている。

今回登場する2品目では、冬向けに配合を調整している。「ぽってりショコラ」は既存品の特別配合版。チョコレートとプレッツェル部分を独自の配合調整により、口どけの良いとろける味わいに仕立てている。また新味となる「ぽってりイチゴ」では、ほんのりと苦みを覚えるココアプレッツェルを、イチゴのフリーズドライをたっぷりと練り込んだ果物感のあるチョコレートで包み込んでいるのがポイント。見た目も濃い茶色にピンクと、独特の色合いの組合せで、強いアクセントを覚えさせる。

パッケージデザインは既存の「ポッキーミディ」シリーズを踏襲しているが、「ぽってりショコラ」では色合いをいくぶん白っぽくし、「ぽってりイチゴ」ではイチゴ味を想起させるべくやや濃いめのピンクをベースにして目立つ色調と成し、背景には複数のイチゴを配している。そして双方とも「冬だけのとろける仕立て」と商品特性を書き連ねたリボンのような帯を商品の絵に横切らせ、その周辺に雪の結晶を散りばめ、冬の季節感を演出している。

従来のポッキーとチョコレートの中間に位置する味わいを楽しめる、新たなチョコレート菓子ともいえる「ポッキーミディ」。そのオシャレな様式も魅力の一つ。今回、冬仕立ての味わいとパッケージで、さらにそのオシャレさが底上げされた形となる。「口どけの良さ」の実態感を早く楽しみたいものだ。


■関連記事:
【これはゴージャス・驚きのある上質なポッキー「ポッキー<グランショコラ>」、セブン-イレブン限定発売】
【寸胴サイズなポッキー「ポッキーミディ」に抹茶味登場】
【抹茶とほうじ茶のカップリング・限定「ポッキー<深あじ抹茶>」発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー