グリコが妖怪ウォッチと広域コラボ、ポッキーやカプリコ、プリンなどに大展開

2014/11/29 09:26

グリコは、ともだちニャン ! 江崎グリコとグリコ乳業は2014年11月27日、「妖怪ウォッチ」との共同開発企画による商品の発売や、その商品に絡んだキャンペーンを、同年12月1日以降順次行うと発表した。「ジャイアントポッキー <プリチーなイチゴ味>」など「妖怪ウォッチ」に登場するキャラクタなどがプリントされた商品の発売に加え、ARによる遊びの仕組みの提供、購入者限定で応募できるプレゼントキャンペーンが展開されることになる(【発表リリース:もしかして妖怪のしわざ ! ?親子で一緒に楽しめる 「 妖怪ウォッチ 」 とグリコがコラボ「グリコは、ともだちニャン !」キャンペーン2014年12月1日(月)から全国でスタート】)。

↑ 上段左からジャイアントポッキー <プリチーなイチゴ味>、ジャイアントカプリコ <チョコボンバー>、コロン <オラたちのおすすめコーヒー牛乳味>。下段左から妖怪ウォッチ リンクル、妖怪ウォッチプリン3個パック
↑ 上段左からジャイアントポッキー <プリチーなイチゴ味>、ジャイアントカプリコ <チョコボンバー>、コロン <オラたちのおすすめコーヒー牛乳味>。下段左から妖怪ウォッチ リンクル、妖怪ウォッチプリン3個パック

「妖怪ウォッチ」の盛況ぶりは皆が知るところだが、昨今では12月に劇場版が放映されることに合わせ、各方面でさらなる盛り上がりの機運が見られる。今回もその一環としての展開で、作品に登場するキャラクター達が、グリコグループのお菓子やアイスクリーム、チルド商品内で顔を見せることになる。

「ジャイアントポッキー<プリチーなイチゴ味>」(12月9日発売・オープン価格)はジバニャンとフユニャンがパッケージに描かれたいちご味のジャイアントポッキー。各キャラクターをモチーフにした内装デザインで、妖怪ウォッチの時間割シールが入っている。パッケージ裏には時間割表がデザインされているため、シールを使って自分だけの時間割が作れるお遊びが出来るのが高ポイント。

↑ 「ジャイアントポッキー <プリチーなイチゴ味>」の裏面にある時間割表と、同梱されているシール
↑ 「ジャイアントポッキー <プリチーなイチゴ味>」の裏面にある時間割表と、同梱されているシール

「ジャイアントカプリコ<チョコボンバー>」(12月9日発売・オープン価格)は各キャラクターがデザインされたカバーのジャイアントカプリコ。チョコレートを各所に用いて、チョコ感がアップされている。「プリッツ<オレっちたちのチョコ味>」「同<オラたちのミルク味>」(12月9日発売・オープン価格)は、それぞれジバニャンとフユニャン、コマさんとコマじろうがパッケージされている。

「コロン<オラたちのおすすめコーヒー牛乳味>」(12月9日発売・オープン価格)は薄く焼いたさくさく感のあるロールワッフルに、コマさんが好んでいる牛乳たっぷりのコーヒー牛乳クリームを詰め込んだクリーム焼菓子。パッケージには「オラたちのおすすめコーヒー牛乳味」と描かれたプレートを配し、コマさんとコマじろうが描かれている。「マルチパック 妖怪ウォッチ リンクル」「マルチパック 妖怪ウォッチ パティーナ」(12月1日発売・500円(税別))は小さなアイスクリームの詰め合わせセット。それぞれジバニャンとフユニャン、コマさんとコマじろうがパッケージに描かれている。

「妖怪ウォッチプリン 3個パック」「妖怪ウォッチヨーグルト」(12月1日発売・198円(税別))はプリンやヨーグルトの3個パックに妖怪ウォッチのキャラクター達が描かれている。フタのデザインは9種類。ヨーグルトでは側面にも妖怪の紹介が施されている。また製品のトレイ内側に、スマートフォンのARアプリで読むと自分で塗った絵が立体的に動き出す「妖怪ウォッチ 動くぬりえ」がついている。台紙そのものはグリコのウェブサイトからもダウンロード可能(詳細は公式サイト「http://g-youkai.com/」を参考の事)。

商品購入者限定で応募が出来る「グリコは、ともだちニャン ! キャンペーン」も実施される。対象商品のパッケージについているバーコード3枚をハガキに貼って所定の内容を記載した上で、キャンペーン応募先に送ると、抽選で「DX 妖怪ウォッチ&妖怪メダル第1章 復刻版」や「妖怪デザイニャー」「ジバニャンのお菓子詰め合わせボックス」が当たる(詳細はリリース参照のこと)。

スーパーやコンビニ、ドラッグストアのお菓子コーナーやアイスケースに並ぶさまざまな妖怪たちの顔ぶれに、多くの子供が笑顔で手に取り、親にせがむ様子が目に見えてくるようでもある。また自分の塗り絵がARで動き出す仕組みは、以前ドラえもんのキャンペーンで行われ、大いに人気を博している。今回の妖怪ウォッチでも、多種多様な才能が発揮され、愛らしい、あるいは独創的な作品が生み出され、ネット上で披露されていくに違いない。


■関連記事:
【ウインナー自身に妖怪たちが・丸大食品から「妖怪ウォッチ ウインナー」登場】
【1本に1枚「妖怪ウォッチ」シールが付いてくる・サントリー清涼飲料のキャンペーンが9月16日スタート】
【オリジナルシール付きの「妖怪ウォッチ」な焼そば「日清 妖怪ウォッチやきそば ジバニャンのニャポリタン味ソース(2人前)」登場】


(C)LEVEL-5 / 映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト 2014

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー