UCCの「永遠のゼロ」キャンペーン第二弾はプレミアム版・零戦や天山艦攻などが2本に1機ついてくる

2014/12/04 07:25

永遠のゼロ プレミアムコレクションUCC上島珈琲は2014年12月3日までに同社公式サイトにおいて、同社の缶コーヒー「UCC BLACK無糖」に関するキャンペーン「永遠のゼロ プレミアムコレクション」を同年12月16日から全国のコンビニで順次展開すると発表した。映画「永遠のゼロ」に登場した機体など太平洋戦争時の旧帝国海軍の軍用機の組み立てモデルが、「UCC BLACK無糖」2本に1つ組み合わさる形でついてくる。実施しない店舗や開始日が異なる店舗がある。各店舗毎に在庫が無くなり次第終了(【発表リリース:【予告】「永遠のゼロ プレミアムコレクション」12月16日より全国のコンビニエンスストアにて順次展開!】)。

↑ 用意された機体は全部で6種類。零戦二一型(主人公搭乗機)、零戦五二型(岩本徹三機)、零戦二二型(杉田庄一機)、九七式艦攻(淵田美津雄機)、天山艦攻一二型(マリアナ沖、空母瑞鶴搭載機)、紫電二一型甲(杉田庄一機)
↑ 用意された機体は全部で6種類。零戦二一型(主人公搭乗機)、零戦五二型(岩本徹三機)、零戦二二型(杉田庄一機)、九七式艦攻(淵田美津雄機)、天山艦攻一二型(マリアナ沖、空母瑞鶴搭載機)、紫電二一型甲(杉田庄一機)

UCCでは不定期ながらも同社の缶コーヒーを中心に、1本あるいは2本に1つ、精巧なフィギュアを添付するキャンペーンを実施している。缶コーヒーの新作発売開始時の販売促進の一環として、あるいは対象となるフィギュアに係わる作品の告知目的など理由はさまざまなだが、造形の品質の高さから常に注目を集めるものとなる。今回は映画化も果たされ、来年にはテレビドラマとしても放映予定の「永遠の0(ゼロ)」をテーマとし、旧帝国海軍の戦闘機や攻撃機が対象となる。

UCC BLACK2本に1個ラインアップは全部で6機種。「永遠のゼロ」の主人公が搭乗したとの設定の零戦二一型(主人公搭乗機)、日本のエースパイロットが駆る零戦五二型(岩本徹三機)、零戦二二型(杉田庄一機)、紫電二一型甲(杉田庄一機)、著名な指揮官が搭乗する九七式艦攻(淵田美津雄機)、そして天山艦攻一二型(マリアナ沖、空母瑞鶴搭載機)。

これまでのキャンペーン同様に、外部から中身が分かる様式での提供となるので、店舗在庫があればダブることなく全機種を容易に揃えることができる。ディテールにも相当凝っており、個別の実在する人物が搭乗する機体では、例えば淵田機の尾翼の赤着色などがしっかりと施されており、マニア心をくすぐる出来栄えであることに違いは無い。

なおUCCでは以前にも「永遠のゼロ」をテーマとした旧帝国海軍の軍用機にスポットライトを当てたフィギュアを提供したことがあるが、その時にはコーヒー缶1本に1つ付属するもので、サイズも小さめ。今回は2本で1つということもあり、その時のと比べて大きめのサイズでの提供となることが予想される(少なくとも機体を納めているケースは大きめのものとなっている)。「永遠のゼロ」のファンはもちろんだが、軍用機ファンには一層楽しいオマケとしての提供になるに違いない。


■関連記事:
【零戦や紫電、彗星、九九艦爆まで…「永遠の0」コレクションがUCC THE DEEP BLACK無糖についてくるキャンペーン、10月8日スタート】
【UCC缶コーヒーのオマケ「永遠のゼロ」第二弾は12月16日から、らしい】
【今度は「陸自の翼 ヘリコプターコレクション」がUCC BLACK無糖2本に1個ついてくるキャンペーン、9月17日スタート】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー