今年度は5億杯をすでに超え目標を7億杯へ上方修正・セブンのコーヒーがぐいぐい伸びる

2014/12/05 07:11

セブン-イレブン・ジャパンは2014年12月4日、同社が展開しているカウンターコーヒー「セブンカフェ」の年間販売目標を、当初の6億杯から7億杯へ上方修正する事を発表した。また11月末で2014年度の累計販売数が5億杯を突破したことも明らかにしている(【発表リリース:『SEVEN CAFE' 』販売好調!2014年度 総販売数量5億杯突破年間販売目標を7億杯へ上方修正期間限定“ウィンターカップ”が登場!!】)。

セブンカフェはセブン-イレブンがカウンターで提供しているドリップタイプのコーヒー。気軽に安価で淹れたてのコーヒーを楽しめることから好評を博し、これを受けて2013年1月から本格的な導入を開始。2013年9月には全店舗での導入を完了、実質的な導入初年度(2013年度)の販売杯数は4.5億杯に達した。

2014年度は年度初頭から全店舗での展開が成されている事に加え、知名度の拡大やリピーターの増加、さらには各種連動性のある商品の発売による購入動機の誘発、そして一部店舗で実施されているイートインコーナーの設置に伴い、売り上げはさらに向上。今回発表のリリースによると、今年度はすでに11月末の時点で累計5億杯の販売を記録している(セブン-イレブンの決算〆は2月末)。そして従来の目標だった年度販売目標の6億杯を上方修正し、7億杯にすることを今回決定した。

またこれに合わせ、2014年12月3日から順次、期間限定・数量限定でスペシャルなカップ「ウィンターカップ」での提供を開始する。

↑ 期間限定のウィンターカップ
↑ 期間限定のウィンターカップ

クリスマスを想起させる色合い、赤と緑に彩られ、雪模様が配されているもので、ホットコーヒーRサイズのみにおける提供となる。

先日伝えたように同社ではコーヒーと極めて相性の良いドーナツをカウンターで提供する「セブンカフェ ドーナツ」のサービスも開始している。今後さらにセールスは伸び、そしてその実績を背景に、コーヒーによる攻勢が成されるに違いない。


■関連記事:
【セブン-イレブンのカウンターコーヒー、10月下旬からリニューアルへ・価格据え置き】
【セブンのセルフ式コーヒー「セブンカフェ」が全店舗導入完了、今月末には累計2億杯突破へ】
【セブン-イレブンのレジ横ドーナツ「セブンカフェ ドーナツ」正式発表、来年8月末までに全国展開へ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー