冬の中でもガッツリパフェをいただきたい・ファミマの「俺の」最新作はイチゴとバニラの巨大パフェ

2014/12/20 08:06

俺の 苺&バニラパフェファミリーマートは2014年12月19日、同社のプライベートブランド「俺の」の最新作として「俺の 苺&バニラパフェ」を同年12月23日から当社店舗で発売すると発表した。価格298円。内容量380ミリリットル。数量限定での発売(【発表リリース:冬でもアイスを“ガッツリ”楽しみたい!「俺の 苺&バニラパフェ」新発売! 380mlの大容量サイズで登場】)。

↑ 俺の 苺&バニラパフェ
↑ 俺の 苺&バニラパフェ

ファミリーマートの「俺の」ブランドはスイーツ好きの男性向けシリーズ。2010年から展開を開始したもので、「ボリュームの大きさ」「ひかえめな甘さ」「こだわりの素材」の3本柱を掲げ商品開発を進めている。パッケージには直立している男性の姿を描くと共に白と黒の色合いを基調としており、そのスタイリッシュで大きな外観は、独特のイメージを有し、スイーツ棚に独自の存在感をもってアピールする形となった。現在ではスイーツ以外にも領域を広げ、また男性だけでなく女性からも支持を集めている。

今回登場する「俺の 苺&バニラパフェ」は、今年4月に発売された「俺の チョコ&バニラパフェ」の姉妹品的な存在。ストロベリーアイスクリームとバニラアイスクリームの組合せに、味わいの上でのアクセントを添えるべくストロベリーソース、スポンジケーキを組み合わせている。内容量は380ミリリットル。

パッケージは透明な容器に仕立てて中身が分かりやすいようにし、存在そのものがセールスポイントであることをことさらに強調する一方、「俺の」シリーズでは共通している黒地に白抜きのスタイルで男性のシルエットを配している。そして苺要素を強調するため、従来は白抜きの商品名の部分を薄くピンクで着色したのもアクセントとなっている。

ダイナミックなまでのサイズに、この時期では一気に食するのは結構キツい話かもしれない。友達や家族とシェアしたり、何度かに分けて食することで、その味わいをシェアするのもまた一興だろう。


■関連記事:
【ビッグなパフェは男のロマン、ファミマの「俺の」シリーズから「俺の チョコ&バニラパフェ」数量限定展開】
【容量1.6倍のダイナミックコーヒー・「俺の コーヒー」ファミマから登場】
【大きな栗が生どらに入っているよ ファミマで栗入りの「俺の 生どら」新発売】
【草団子でも巨大版・ファミマの「俺の」シリーズ最新作は「俺の草団子」】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー