井村屋も来年3月からアイスを値上げ・ただし「あずきバー」は現状維持

2014/12/26 07:18

やわもちアイス井村屋は2014年12月24日、同社のアイスクリーム商品のうち一部について、2015年3月1日出荷分から価格改定(値上げ)を実施すると発表した。値上げ幅は10円から50円で、比率換算では6.3%から10.0%の上昇となる(税別)。理由について同社では原材料価格の高騰を挙げている。なお「あずきバー」に関しては今回の価格改定の対象とはならず、現在価格が維持される(【発表リリース:アイスクリーム商品 価格改定のお知らせ】)。

↑ 価格を改定する商品の一覧
↑ 価格を改定する商品の一覧

今回発表された価格改定(引上げ)の対象となる商品は上記にある通り。いずれも税別価格だが、値幅で10円から50円、値上げ率で6.3%から10.0%の値上げとなる。120円の商品は130円、160円のは170円、300円のは330円、500円は550円。100円台の商品がプラス10円、300円台はプラス30円、500円台はプラス50円となる次第。

今回の値上げについて井村屋側ではその理由について、乳製品をはじめとした世界的な食料需要の拡大に伴う原材料価格の高騰を挙げており、社内努力の限界を超えた領域に達したがための決断と説明している。

あずきバーなお同社のアイスクリーム商品の主力である「あずきバー」に関しては、1本、BOXタイプ共に、今回の価格値上げの対象外(あずき「カップ」は値上げ対象であることに注意)。

アイスクリームの来年3月出荷分からの値上げに関しては、大手他社も相次ぎその実施を表明している。ほぼ横並びでの価格引上げで、春以降のアイスクリームの需要にどのような変化が生じるのか。その動向に注目したいところではある。


■関連記事:
【すき家の牛丼、税抜き価格で20円値上げ・8月27日から】
【ハウスバーモントも値上げだよ・ハウス食品、家庭用ルウ製品やレトルト、デザートなどの価格値上げへ】
【明治も来年3月からアイス値上げ、8%から10%ほど】
【江崎グリコも来年3月出荷分からアイスの値上げ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー