チキンラーメン・カップヌードルの保存缶、期間限定で発売再開

2015/01/06 06:56

チキンラーメン保存缶 / カップヌードル保存缶日清食品は2015年1月5日、同社の定番インスタントラーメン「チキンラーメン」「カップヌードル」を防災備蓄用として仕立てた「チキンラーメン保存缶」「カップヌードル保存缶」について、同年1月5日から公式のオンラインショップ「日清e-めんShop」で予約による販売を行うと発表した。「チキンラーメン保存缶2缶+カップヌードル保存缶2缶 計4缶セット」のスタイルでの発売で価格は3333円(税別)。数量限定。また「カップヌードルミュージアム」「インスタントラーメン発明記念館」現地での数量限定による発売も行う。こちらは単品で各750円(税別)(【発表リリース:「チキンラーメン保存缶 / カップヌードル保存缶」期間限定発売再開のお知らせ】)。

↑ 「チキンラーメン保存缶」「カップヌードル保存缶」
↑ 「チキンラーメン保存缶」「カップヌードル保存缶」

↑ 「チキンラーメン保存缶」「カップヌードル保存缶」の中身
↑ 「チキンラーメン保存缶」「カップヌードル保存缶」の中身

元々保存食に関する興味関心はそれなりに世間一般にも浸透しており、防災の日(9月1日)を中心に各社から通常商品の防災備蓄版が発売されていた。そして先の震災以降、保存食に関する注目が大いに高まり、各社ともより積極的に自社商品の備蓄版が登場するようになった。万一の際の食生活でもQOL(生活の質)の維持は重要で、それゆえに通常の食生活と同様・同品質の食材を提供できる防災備蓄品には高い期待が寄せられている。

今回登場する「チキンラーメン保存缶」「カップヌードル保存缶」は、2013年2月に限定発売されたものだが、多数の問い合わせ、そして再販の要望があったことから、今回数量限定で販売を再開することになった。公式オンラインショップ「日清e-めんShop」での予約販売は1月5日から開始されており、数量限定。発送は2月下旬から3月上旬の予定。また「カップヌードルミュージアム」「インスタントラーメン発明記念館」では1缶ずつの単品での発売も行われる。

中身の構成は前回発売されたものと同じで、1缶につき2食分のチキンラーメンあるいはカップヌードルと紙カップ・フォークが収められている。通常のチキンラーメンは8か月、カップヌードルは6か月の賞味期限を有するが、今商品ではほぼ3年となっている(賞味期限は2017年12月)。

缶そのものも通常では手に入らない、そしてそれぞれの商品を想起させるデザインのもので、ファンにはコレクター魂をかきたてさせるものがある。もしもの時の備えとして、防災袋に追加する形で注文してみるのも選択肢の一つといえよう。


■関連記事:
【賞味期限5年の非常食「コアラのマーチビスケット(保存缶)」数量限定で発売】
【3年保存版カップ麺…日清食品「チキンラーメン保存缶」「カップヌードル保存缶」を限定発売】
【ビスコ保存缶/プチバラエティービスケット保存缶】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー