2つのもちもち一度にパクリ、斬新食感雪見だいふくがいちご味で登場

2015/01/07 15:27

まん中も、もちもち雪見だいふく 苺ロッテは2015年1月7日、同社のラクトアイスシリーズ「雪見だいふく」の新作として、「まん中も、もちもち雪見だいふく 苺」を同年1月12日から発売すると発表した。価格は150円(税別)。冬春季限定発売。また手持ちコーンアイスシリーズ「ザクリッチ」の新作として「ザクリッチ 濃厚ストロベリー with ベルギーショコラ」を同年1月26日から発売することも発表している。価格は160円(税別)(【発表リリース:苺が恋しくなる季節に。さらにアイス2種類を発売!】)。

↑ まん中も、もちもち雪見だいふく 苺
↑ まん中も、もちもち雪見だいふく 苺

今回登場する2種類のアイスは、いずれも旬のいちごにスポットライトをあてた新作。まず「まん中も、もちもち雪見だいふく 苺」だが、もちもちとしたおもちの中にアイスが入っているスタイルは通常の「雪見だいふく」と変わらないが、中身のアイスがストロベリーアイスであるのに加え、その中央部にもちもちとした食感の練乳ソースを入れているのが特徴。いちごと相性の良い練乳を、もちもちとした歯触りのソースで用意することにより、練乳をたっぷりかけたいちごならではのまろやかな甘酸っぱさを、雪見だいふくで楽しむことができるようになる。また、もちっとした歯ごたえを2つの味わいで体感できるのもポイントが高い(このスタイルは昨年11月に「まん中も、もちもち 雪見だいふく 抹茶」でも行われている)。

パッケージは通常の雪見だいふくのデザインを踏襲しながらも、周囲にはたっぷりの練乳に埋もれたいちごをぎっしりと配し、さらに左側にはアイコン的な白と赤で連想されるうさぎのキャラクターを描いてアクセントと成している。断面図から見える中央部の練乳ソースのビジュアルにもインパクトがあり、目に留めた人にその味覚を想起させるなど、強い訴求力を有している点もデザイン的に優れている。

一方、コーンの軽やかで確かな歯ごたえとアイスとの調和が魅力の「ザクリッチ」の新作として登場する「ザクリッチ 濃厚ストロベリー with ベルギーショコラ」もまた、いちご尽くしの一品。

↑ ザクリッチ 濃厚ストロベリー with ベルギーショコラ
↑ ザクリッチ 濃厚ストロベリー with ベルギーショコラ

内部下層にはストロベリー果汁・果肉を使った濃厚なストロベリーアイス、その上にストロベリーチップを加えたストロベリーチョコを仕切り的な層としてのせ、さらにその上にベルギーショコラアイスの層を盛り込み、最後にもう一段ストロベリーチョコの層を被せてふたをしている。周囲のコーンはこちらもまたストロベリー果汁を入れた、淡いピンクのストロベリーコーン。パッケージもチョコの海にいちごが次々と投入されてチョコ漬けされていくかのような情景が描かれ、チョコといちごのハーモニーな味わいを思い起こさせるものとなっている。

雪見だいふくはその特徴であるもちもち感がダブルとなり、新たな食感との出会いを楽しめる一品となる。またザクリッチは多様ないちごの味わいを一度に食することができる、ぜいたくな仕上げ。いずれもいちごの魅力を存分に堪能できるに違いない。


■関連記事:
【ザクリッチに抹茶味、クーリッシュに甘熟いちご、二つのアイスの秋祭り】
【手持ちで満喫ざくっとひんやりアイス「ザクリッチ」に2つのチーズケーキ味が出るゾ】
【もちもちともちもちで超もちもち!? 雪見だいふくの新作「まん中も、もちもち 雪見だいふく 抹茶」登場】
【第一弾はカラメルプリン・今冬は「とろ-り」感で攻める雪見だいふくスペシャリテ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー