キッコーマン、今度はジンジャーエールな豆乳飲料を市場へ投入

2015/01/14 16:15

「豆乳飲料 白桃」「豆乳飲料 うめ」「豆乳飲料 ジンジャーエール」キッコーマン飲料は2015年1月14日、同社の紙パック豆乳飲料シリーズの新商品として「豆乳飲料 白桃」「豆乳飲料 うめ」「豆乳飲料 ジンジャーエール」の3品目を、同年2月23日から発売すると発表した。価格は90円(税別)。内容量200ミリリットル。熱量はそれぞれ126kcal、128kcal、38kcal。「豆乳飲料 ジンジャーエール」は今年10月までの期間限定発売(【発表リリース:豆乳飲料に新しいラインアップが登場!「豆乳飲料 白桃」200ml「豆乳飲料 うめ」200ml「豆乳飲料 ジンジャーエール」200ml 新発売!】)。

↑ 「豆乳飲料 白桃」「豆乳飲料 うめ」「豆乳飲料 ジンジャーエール」
↑ 「豆乳飲料 白桃」「豆乳飲料 うめ」「豆乳飲料 ジンジャーエール」

キッコーマン飲料では紙パック入りの豆乳や豆乳飲料、調整豆乳を紀文ブランドで展開中。小型の牛乳紙パックと同じスタイルで、容器にストローを刺してワンハンドで飲むスタイルで、気軽に味わいを楽しめるのが特徴。現在豆乳そのものとして「おいしい無調整豆乳」など、調整豆乳、そして豆乳飲料としては「麦芽コーヒー」「いちご」「ゆず」「マロン」「メロン」など多種多様な味覚のものが展開されている。

今回登場するのは豆乳飲料の分類における新商品。「白桃」は白桃果汁をブレンドしており、ほんのりとした甘さと桃の風味が楽しめる。「うめ」はうめ果汁に、さらにほどよい甘みのりんご果汁を加えた一品。酸味と甘みのバランスが絶妙で、リフレッシュ感を味わいたい時にジャストフィットする。

そして「ジンジャエール」は、「健康ラムネ」「健康コーラ」に続く、無炭酸(で炭酸系飲料をイメージした)豆乳飲料の第三弾。商品名通りジンジャエール味を豆乳で楽しめるという、稀有な体験を堪能できる。

パッケージはそれぞれ桃を想起するピンク、うめを思い起こさせる薄緑、そして炭酸のジンジャエールの色合いとすっきりとしたのど越しを想像させる濃い緑と黒の斜め線模様をベースとしている。さらに桃のイラスト、梅のイラスト、英語の筆記体で「ジンジャエール」と書かれており、雰囲気を一層盛り立てる。キャッチコピーはそれぞれ「白桃と大豆の素敵な出会い」「うめと大豆の素敵な出会い」「無炭酸ジンジャーエール味飲料」となっている。

今件発表された3種類では、特に「ジンジャエール」が注目に値する。既発の「健康ラムネ」「健康コーラ」同様、大いに市場を、そして各種飲料ファンに話題をもたらしてくれるに違いない。


■関連記事:
【巨峰、しょうが、そして甘酒…三つの味の豆乳が一挙市場投入】
【コーラのような豆乳!? 「紀文 豆乳飲料 健康コーラ」など発売へ】
【紀文豆乳飲料から「健康ラムネ」「マンゴー」「ラッシー」発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー