ピノとダースが夢の共演「ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ」冬季限定登場

2015/01/20 07:59

ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ森永乳業は2015年1月19日、森永製菓のチョコレートシリーズ「ダース」の味わいを、森永乳業定番のアイスクリームシリーズ「ピノ」で再現した新商品「ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ」を、同年1月26日から3月下旬頃までの冬季期間限定で発売すると発表した。価格は130円(税別)。内容量10ミリリットル×6粒。熱量34kcal(1粒あたり)(【発表リリース:「ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ」1月26日(月)より新発売】)。

↑ ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ
↑ ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ

今回登場する「ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ」は、森永乳業のひと口タイプのアイス「ピノ」と、森永製菓の粒チョコレート「ダース」による共同開発企画商品。説明にいわく、双方とも小さな粒で構成される商品であることから「ひと粒の幸せ」をテーマとして開発されたとのこと。「ダース<ミルク>」の味わいを「ピノ」で表現することで、濃厚かつコクのある味わいに仕立てられ、冬にマッチした一品として完成することとなった。具体的にはミルクチョコアイスにヘーゼルナッツペーストを混ぜ込み、さらにミルクチョコでコーティング。ひと口含むと、口の中全体にミルクチョコの味わいが広がっていくことになる。

パッケージも従来の「ピノ」とは大きく装いを変え、「ダース」とのコラボ商品であることが一目で分かるように「ダース」パッケージの基調色である明るい赤を中心に、赤系統色によるモザイク柄を背景に採用している。その上で「pino×DARS」と商品コンセプトが一目で分かるロゴ、そして商品そのものの写真を大きく配している。またモザイク柄は3タイプ用意されており、他の構成要素は同じでモザイク部分の色の配置や面積が異なるだけではあるのだが、随分と違った印象を覚えさせて興味深い。

タイミングから察するに、バレンタインデーに合わせた面も多分にあるのだろう。「ピノ」好きには嬉しく、そして言葉通り美味しいお話に違いない。リッチなチョコレート感を思う存分楽しみたいものだ。


■関連記事:
【ちょっとリッチに大人の味わい、ピノからラムレーズン味が期間限定発売】
【ダースの味わいを冷たいドリンクで・「ダース/ミルクドリンク」今年も登場】
【セブンと森永が奇跡の握手・ピノ初のコラボ「ピノ ノワールショコラ」限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー