今年も登場ハジケるウマさ「桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLING」期間限定登場

2015/01/22 07:30

桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLINGJTは2015年1月21日、同社の清涼飲料水「桃の天然水」シリーズの一品として「桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLING」を同年2月2日から発売すると発表した。価格は140円(税別)。内容量410ミリリットル(ペットボトル)。期間限定発売(【発表リリース:「桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLING」2月2日より全国で新発売】)。

↑ 桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLING
↑ 桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLING

「桃の天然水」とはJT(日本たばこ産業)が1996年から発売を開始している清涼飲料水。桃果汁へのこだわりを示す、淡い味わいが楽しめる飲料水で、桃そのものを想起させるパッケージデザイン・カラーや有名どころの女優・アイドルを用いたCMなどでも知られている。ホットタイプやカロリーオフタイプの他、シリーズ商品として夏みかんやぶどうなど多様な果物を用いた商品が展開された経歴もある。

今回登場する「桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLING」は、その名の通り「桃の天然水」の炭酸版。元々果汁入りの炭酸飲料は伸張傾向にあることから、2011年に「桃の天然水SPARKLING」を発売、現在では通年商品として展開中。また2014年には姉妹品として期間限定品の「桃の天然水 あ・ら・ご・しSPARKLING」が登場、こちらも評価を得たことから、今年再びの発売となる。

今商品では果汁に白桃の混濁果汁(果実の搾汁に含まれる繊維などにより混濁している果汁)のみを使用しており、保存料・着色料は不使用。白桃を手しぼりしたような濃厚な味わいを、天然水の柔らかな飲み口と桃の甘みを活かす程よい炭酸で仕上げている。色合いや味わいなどから、桃の節句など季節のイベントにマッチする一品となる。

パッケージデザインには、黒と金を基調色に採用。炭酸に包まれたみずみずしい桃のイラストを大きく中央に描き、その下に黒地に白抜きで商品名を書き記したり、随所に金地を用いることで高級感あるデザインに仕上げている。また、上部のロゴには「桃の天然水」を配し、シリーズ品であることを訴求している。

程よい果汁感とすっきりとした炭酸の刺激、双方の組合せがさわやかな清涼感を生み出していく。「桃の天然水」をこよなく愛する人には要注目の一品に違いない。


■関連記事:
【炭酸なポンジュースこと「ポン 果実スパークリング」登場】
【マジでオドロキ・炭酸版「い・ろ・は・す」こと「い・ろ・は・す スパークリング」「同レモン」登場】
【炭酸入り無糖コーヒー「ボス ブラックスパークリング」登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー