エビバーガーとの意外でナルホドなコラボ「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」登場

2015/01/22 16:09

かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味カルビーは2015年1月21日、同社のスナック菓子「かっぱえびせん」の最新作「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」を、ロッテリアとの共同企画開発商品として同年1月26日からコンビニ先行で発売すると発表した。価格はオープン価格。内容量65グラム。熱量320kcal/袋。同年1月28日からはロッテリア店舗(一部)で、同年2月9日からはコンビニ以外の店舗での発売となる(【発表リリース:初コラボレーション!ロッテリアの人気メニューが「かっぱえびせん」になりました!『かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味』1月26日(月)より期間限定で新発売!】)。

↑ かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味
↑ かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味

今回登場する「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」は、カルビーとロッテリアとの初となる共同企画による商品。ロッテリアの定番商品の一つである「ロッテリア エビバーガー」の味わいをかっぱえびせん上で再現すべく、昨年5月の開発スタートから試作を重ね、8か月ほどの開発期間を経て今回ようやく完成・発売の運びとなった。

味わいは当然「エビバーガー」を模したものだが、その特徴となるタルタルソースの再現にこだわりを見せたのがポイント。タルタルソースのさわやかさ、そしてまろやかな酸味を持ちつつ、かっぱえびせんのしっかりとしたエビの風味を覚えさせる。また見た目にも「エビバーガー」の世界観を楽しめるよう、バーガーの具材をイメージした、赤や緑の彩り豊かなパウダーを使って仕上げられているとのこと。

パッケージデザインは黒を背景に商品そのものが飛び散る様子を描き、その前面に大型の「エビバーガー」そのものを配し、その上に「ロッテリア エビバーガー味」の文字を被せて味の特性を強烈にアピール。従来のかっぱえびせん特有のエビのイラストと「かっぱえびせん」の文字はその上に小さく配し、かろうじて自己主張をする形となっている。

パッケージ裏面にはクーポン券がプリントされている。これを切り取ってロッテリアで用いると、2015年1月23日から4月30日までの期間限定で、エビバーガーとポテトSとドリンクSの組合せが従来610円のところ500円に割引される。「かっぱえびせん ロッテリアエビバーガー味」を食し、さらに味の元となった「ロッテリアエビバーガー」と食べ比べてほしいとの思惑だろう。

今件商品はカルビー側サイドで「えびの美味しさを活かしつつ、これまでに無い新しい味のかっぱえびせんを創生できないか」との発想をいだき、カルビーのかっぱえびせん、ロッテリアのエビバーガー双方でエビの美味しさがポイントとなることから、ロッテリアとのコラボを思い至ったとのこと。ロッテリアとどころかファストフードとの初のコラボとなるかっぱえびせんのニュースタイルな一品が、いかなる味となって世に生まれ出でることになるのか。非常に興味深い話ではある。


■関連記事:
【これは意外な組み合わせ…エバラ黄金の味がポテチに、カルビー×エバラのコラボ実現へ】
【油分をざっくり25%カットしたかっぱえびせんなど4種類、9月15日から順次発売】
【やめられない止まらないのは必至・「ガーナかっぱえびせん」今年は全国で発売、小梅とのコラボ「かっぱえびせん 小梅味」も出るよ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー