キャベツやもやしがあんかけおかずにすぐ変身・「うちのごはん おそうざいの素」に「あんかけキャベツ」「あんかけ塩もやし」登場

2015/01/24 08:00

「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素 あんかけキャベツ」「同 あんかけ塩もやし」キッコーマン食品は2015年1月23日、同社の「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素」シリーズの新商品として「あんかけキャベツ」「あんかけ塩もやし」の2品目を、同年2月9日から発売すると発表した。価格は200円(税別)。内容量はそれぞれ91グラム・51.3グラム×2袋(【発表リリース:「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素」シリーズから、「あんかけキャベツ」「あんかけ塩もやし」新発売!】)。

↑ 「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素 あんかけキャベツ」「同 あんかけ塩もやし」
↑ 「キッコーマン うちのごはん おそうざいの素 あんかけキャベツ」「同 あんかけ塩もやし」

「うちのごはん おそうざいの素」シリーズは、素材の味つけや切り分けなどの行程をある程度パスし、身近な食材を加えてフライパンで簡単に調理できる、和風惣菜の素。元々「温野菜のおかずの素」「混ぜごはんの素」と合わせ「うちのごはん」シリーズにおける、気軽に本格的な料理が作れるシリーズの一つだが、ご飯に良く合うおかずの観点では、一番包容力が大きいラインナップで構成されている。しかも別途用意する食材が白菜や大根、茄子など野菜を中心にシンプルで入手しやすいのが高ポイント。現在「サーモンの竜田風」「キャベツのごま味噌炒め」「すきやき肉豆腐」「きんぴらそぼろ春雨」などすでに27品目が展開中。また化学調味料は無添加とのこと。

今回登場の2品目は、キャベツやもやしといった、一年中容易に入手が可能な野菜でちょっと本格的な惣菜が出来る品揃えで、あんかけにスポットライトを当てている。「あんかけキャベツ」はにんじん、豚肉、しいたけ、コーンの具材入り。キャベツが1/3個ほどあれば、フライパンを使って6分で、しょう油ベースのちゃんぽん味おかずが完成する。とろみのあるスープがキャベツによくからみ、それ単独でご飯と共にいただくのはもちろんだが、皿うどんや焼きそばなどに沿えてもほどよく麺とマッチする。

一方「あんかけ塩もやし」はもやし1袋と卵2個を別途用意し、フライパンを用いて3分で、鶏出汁が効いた、ねぎ油がアクセントのもやしのあんかけ炒めを作ることが出来る。1商品で2袋用意されているので(1袋は2人から3人前)、人数に合わせて使い分けることが出来る。

日々の食卓に彩りと変化を添えるのには、料理のレパートリーを増やすのが手っ取り早い。しかしラインアップを増やすのは容易では無く、冷蔵庫との相談も欠かせない。常に調達が可能で冷蔵庫に収められていることも多いキャベツやもやしで、新たに食卓の一品を追加できるのはありがたい話に違いない。特にあんかけ系のおかずが好きな人には、大いなる福音となるだろう。


■関連記事:
【そうめんがパスタや塩ラーメンに変身する麺つゆ、キッコーマンから発売】
【超売れ過ぎで一部販売休止・キッコーマンの「いつでも新鮮シリーズ」】
【キッコーマン、今度はジンジャーエールな豆乳飲料を市場へ投入】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー