グリコと「妖怪ウォッチ」コラボ第二弾はコマさんメインの甘い味わい

2015/01/31 08:30

江崎グリコは2015年1月30日、「妖怪ウォッチ」との共同開発企画商品となる「コマさんの牛乳ポッキー」「ジャイアントカプリコ<コマじろうのチョココーヒー味>」を同年2月3日から発売すると発表した。価格は双方ともオープン価格。内容量は46グラム、1本(【発表リリース:「妖怪ウォッチ」コラボ商品第2弾「コマさんの牛乳ポッキー」など2品を発売】)。

↑ コマさんの牛乳ポッキーとジャイアントカプリコ<コマじろうのチョココーヒー味>
↑ コマさんの牛乳ポッキーとジャイアントカプリコ<コマじろうのチョココーヒー味>

江崎グリコは昨年に大規模な商品展開により「妖怪ウォッチ」とのコラボを実施したが、それが好評を博したこともあり、今回再びコラボによる商品の開発、発売を実施することとなった。第一弾では多様な味わいをカバーし、親子で楽しめる商品群としての発売だったが、今回は「妖怪ウォッチ」の主な視聴者である子供にターゲットを絞り、甘めの味わいを主眼とした商品の開発がなされている。

「コマさんの牛乳ポッキー」は「妖怪ウォッチ」ではジバニャンと並びお馴染みの、そして人気の高い「コマさん」をイメージし、牛乳味のチョコレートでコーティングした、見た目も真っ白なポッキー。真っ白な箱全体でコマさんをイメージしているだけでなく、内袋にもコマさんをデザインしているのがポイント。一方「ジャイアントカプリコ<コマじろうのチョココーヒー味」は「コマじろう」が好んでいるコーヒー牛乳をイメージし、コーヒー牛乳風味のチョコレートを牛乳に見立てたミルクチョコレートでコーティングした、さくさく感が病み付きになるエアインチョコレート。

双方とも妖怪たちが動く「動くぬりえ」がダウンロードできるQRコードがついているのも付加価値となる。これは専用のスマートフォン用ARアプリ「3DesignAR」で読み込むと、自分で塗った妖怪の絵が立体的に動き出すというもの。塗り絵の台紙はグリコのウェブサイトからダウンロードできる。

今回のコラボ商品はコマさんとコマじろうにスポットライトが当てられていることもあり、色合いが白っぽさを示しているのも特徴の一つ。特に「コマさんの牛乳ポッキー」は箱全体でコマさんそのものを表現しており、商品棚にずらりと並ぶその様相は、コマさん好きにはたまらない情景に見えるに違いない。


■関連記事:
【1本に1枚「妖怪ウォッチ」シールが付いてくる・サントリー清涼飲料のキャンペーンが9月16日スタート】
【グリコが妖怪ウォッチと広域コラボ、ポッキーやカプリコ、プリンなどに大展開】
【冷凍お好み焼きやたこ焼きなどでも妖怪ウォッチ登場、キラキラ光るホログラムシール付き】


(C)LEVEL-5/映画「妖怪ウォッチ」プロジェクト2014

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー