ざっくりリッチな抹茶味、中まで抹茶色がぎっしりと・ハーゲンダッツから「抹茶クランブル」登場

2015/02/17 09:38

抹茶クランブルハーゲンダッツ ジャパンは2015年2月10日、同社のスティックタイプアイスクリーム「クランチークランチ」の最新作として、「抹茶クランブル」を同年4月7日から期間限定で発売すると発表した。価格は294円(税込)。内容量80ミリグラム。商品区分はアイスクリーム。スーパー、コンビニ、デパートでの発売。発売終了時期は未発表(【発表リリース:抹茶のさまざまな魅力が詰まった奥深い味わいクランチークランチ『抹茶クランブル』4月7日(火)より期間限定新発売】)。

↑ 抹茶クランブル
↑ 抹茶クランブル

「クランチークランチ」はハーゲンダッツにおけるスティックタイプのアイスクリームシリーズ。ぎっしりと詰まったアイスクリームを、アーモンドなどをまぶした厚めのコーティングで包んでおり、コーティングそのものザクザク感と中身のアイスの濃厚さが一口ごとに楽しめる。現在ストロベリーミルク、バニラチョコレートアーモンド、ブルーベリーチーズケーキが発売中。

今回登場する「抹茶クランブル」では風味豊かな緑茶アイスを、ざくざくとした食感が特徴の抹茶クッキーを散りばめた抹茶コーティングで包んだ、抹茶尽くしな一品。甘みや香り、ほろ苦さなど、抹茶の魅力を複数の歯ごたえでひと口ひと口楽しめることになる。「クランブル」とはヨーロッパで良く食されている、粉・バター・砂糖をそぼろ状に仕立てたものだが、そのザクザク感がコーティング部分で再現されている次第。

パッケージデザインは他の「クランチークランチ」と基本的な部分は変わりないが、背景の演出部分が他商品では作られた瞬間を表すかのように、それぞれのコーティングの色を持つ液状チョコレートのような場に落とされ跳ねた瞬間を示しているのに対し、今商品ではコーティングの抹茶色を使っている点では変わりないものの、グラデーションによる着色を施しており、抹茶ならではの落ち着きを覚えさせる見た目としている。多分に抹茶系スイーツのメインターゲットとなる中堅層以降に向けたビジュアルの変更なのだろう。

独自の渋みがアクセントとなる抹茶系アイスはこれまでにも多数登場し、ハーゲンダッツでも「グリーンティー」の名前で定番商品として展開している。今回はクランチ系の食感をも楽しめる点で、大いに期待がかかる。外壁も中身も抹茶尽くしな様相に、抹茶系アイスが好きな人にはたまらない一品となるに違いない。


■関連記事:
【セブンとハーゲンダッツのコラボなアイス第三弾はいちごなアズキ】
【ハーゲンダッツ初のコンビニとのコラボ「ジャポネ <抹茶アズキ>」、セブン-イレブンより発売】
【抹茶とホワイトチョコの出会い…ハーゲンダッツから「抹茶トリュフ」「クリーミー ミント」期間限定で発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー