この発想は無かった・コアラのマーチに英語版「えいごのコアラのマーチ」登場

2015/02/21 09:35

えいごのコアラのマーチロッテは2015年2月20日、同社のチョコレート菓子「コアラのマーチ」の新商品として、コアラのマーチくんに加えて英単語を表記した「えいごのコアラのマーチ」を同年2月24日から発売すると発表した。価格はオープン価格(想定小売価格100円前後(税別))。コンビニ、駅売店以外での発売となる(【発表リリース:アプリを使って発音も学べるコアラのマーチ「えいごのコアラのマーチ」2015年2月24日(火)より全国で発売】)。

↑ えいごのコアラのマーチ
↑ えいごのコアラのマーチ

今回登場する「えいごのコアラのマーチ」は、親子で一緒においしく味わいを楽しみながら学べる商品をとの発想から開発された、ニュースタイルの「コアラのマーチ」。小学校の授業における英語教材の導入や、東京オリンピックに向けて英語の需要が今後さらに高まることを受け、登場することとなった。

材料ベースでの構成は通常版「コアラのマーチ」同様にビスケットでチョコレートを包み込んだもの。一方、プリントされているコアラのデザインは今件商品オリジナル。多様な表情のマーチくんと、それに合わせる形で英単語が書かれている。英単語の種類は全部で125種類用意されており、絵柄を見て食べながら、楽しく英単語を学ぶことが出来る。

パッケージデザインは基調色こそ通常版「コアラのマーチ」と同じく薄い緑と白だが、中央には本を開いたような商品ロゴとマーチくんが描かれており、さらに背景にはアルファベットがちりばめられ、学習教材的なイメージをも想起させるものとなっている。またふたを開けると内ふたには簡単な英会話を紹介した「えいごカード」が添付、そして専用のスマートフォン用アプリ(無料)を組み込んで各お菓子の絵柄を読み込むと、三次元化したマーチくんが登場して読み込んだ単語の発音と日本語訳を確認できる仕組みが用意されている。

英語教材的なお菓子としてはアルファベットビスケットが良く知られている。今件商品は「コアラのマーチ」としての基本スタイルを維持しながら、英単語を盛り込む、さらにスマートフォンアプリとの連動で発音なども確認できるといった仕組みを凝らしており、色々とお得感を覚えさせるものがある。愛らしいマーチくんのさまざまな表情と共に、英単語を学び、復習するのも面白そうだ。


■関連記事:
【紅白デザインの「めざせ合格! コアラのマーチ」登場】
【「英語が苦手」な中学生は6割超、つまづきは中1後半までに】
【インターネットで使われている言語の普及率をグラフ化してみる(2014年)(最新)】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー