ハーゲンダッツの「華もち『きなこ黒みつ』「みたらし胡桃(くるみ)」人気さく裂で一時販売休止・再開は未定

2015/02/26 13:31

きなこ黒みつとみたらし胡桃(くるみ)ハーゲンダッツ ジャパンは2015年2月26日、同社のミニカップアイスの新作として同年2月24日から発売を開始した「華もち 『きなこ黒みつ』」「華もち『みたらし胡桃(くるみ)』」の2品目について、予測を大きく上回る売れ行きを示し、現状では継続して安定した供給が困難な状況となったことから、販売を一時休止すると発表した。現時点で販売再開時期は未定。ハーゲンダッツ ジャパン側では早期の販売再開を果たせるよう、生産体制を整備すると説明している(【発表リリース:ハーゲンダッツ ミニカップ 華もち「きなこ黒みつ」「みたらし胡桃」一時販売休止のお知らせ】)。

↑ 「華もち」『きなこ黒みつ』 『みたらし胡桃』
↑ 「華もち」『きなこ黒みつ』 『みたらし胡桃』

「華もち」はハーゲンダッツ ミニカップの新シリーズ。アイスクリームの上に柔らかいおもちをのせる、同社としては新たな味わいへの扉をノックした形の素材投入。アイスクリームの冷たいシャクシャク感とやわらかなおもちの歯ごたえが織りなす相性の良さは、すでに他社商品で実証済みだが、この黄金的な組み合わせに、アイスクリーム業界の雄的存在のハーゲンダッツが参入したこともあり、大いに注目を集めていた。また第一弾として展開される味わいも「きなこ黒みつ」と「みたらし胡桃」と、ツボをついたかのような和テイストで揃えられており、おもちとの相性の良さも容易に想像が出来る点でも期待が寄せられていた。

発売前からの人気に加え、開始直後から実食した人の口コミによってその味わいの実力ぶりはさらに広く周知されることとなり、言葉通り爆発的な人気を博することとなった。ハーゲンダッツ ジャパン側でも「できる限りの増産体制をとってまいりましたが」との説明にある通り、ある程度の人気ぶりは予測していたようだが、結果としてはその予想を大きく上回る売れ行きが示される形となった。そして発売開始の2月24日からわずか2日後の26日に、継続して安定した形での需要に見合った供給が困難な状況に至り、今回販売の一時休止を公知するに至ることとなった。

ハーゲンダッツ ジャパン側では今後出来る限り早く販売を再開できるよう、さらなる生産体制の整備増強を図るとしている。具体的にいつごろの再開となるのか現状では明らかにされていないが、早期の再開を願いたいところだ。

また今回の盛況ぶりから、和の食材に対する需要の大きさが改めて認識された。ハーゲンダッツではここ数年、和風の味わいに注力する傾向が見受けられるが、今後はさらにその動きを加速することになるのかもしれない。


■関連記事:
【ついにハーゲンダッツに「もち」投入・きなこ黒みつとみたらし胡桃(くるみ)が登場】
【セブンとハーゲンダッツのコラボなアイス第三弾はいちごなアズキ】
【栗とかぼちゃ、和を楽しむミニカップなどがハーゲンダッツから期間限定発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー