キャラ名は「ととベジータ」とな!? 「おっとっと」シリーズに野菜スナック「ベジタブルおっとっと<コンソメ味>」登場

2015/02/27 07:26

ベジタブルおっとっと<コンソメ味>森永製菓は2015年2月26日、同社のノンフライ中空スナック「おっとっと」シリーズの新作として、野菜スナック「ベジタブルおっとっと<コンソメ味>」を同年3月3日から発売すると発表した。価格は箱入りが141円、5つつながりの小袋パックが162円(いずれも税込)。内容量は50グラム(【発表リリース:「おっとっと」から、子ども向けお野菜スナック 「ベジタブルおっとっと<コンソメ味>」新発売!新キャラクター『ととベジータ』も初登場】)。

↑ ベジタブルおっとっと<コンソメ味>と「ととベジータ」
↑ ベジタブルおっとっと<コンソメ味>と「ととベジータ」

今回登場する「ベジタブルおっとっと<コンソメ味>」はその名前の通り、野菜スナックとして開発された「おっとっと」。主に幼稚園児を子供に持つ母親が、子供への野菜摂取を気にしていることを受け、生地に緑黄色野菜を生換算で11%含有させることで、その需要に応える形での製品化となった。野菜の自然な甘みはそのまま活かし、野菜嫌いの子供が苦手な野菜独特の苦みや酸味は抑え、美味しく食せるようにコンソメ味に仕上げている。

一つ一つの形状もポイント。従来の「おっとっと」では魚や貝などの「海のともだち」の形をしているが、今商品では野菜にスポットライトをあてていることから「畑のなかま」として野菜の型をしたものを8種類、さらに畑に馴染み深い動物などを模した「畑のお客さま」を4種類そろえ、全部で12種類の菓子型で展開する。

↑ 中に入っているのは畑のなかま8種類と畑のお客様4種類の計12種類
↑ 中に入っているのは畑のなかま8種類と畑のお客様4種類の計12種類

パッケージデザインも従来の「おっとっと」のものを踏襲しつつ、色合いは畑を想起させる緑色を基調とし、背景に大地やもっさりと育った葉を配して、その上に多種多様な「ベジタブルおっとっと」を描き連ね、畑の様相をアピールさせている。またイメージキャラクタとして「おっとっと」の「とと丸」の遠い親戚にあたるとの設定の「ととベジータ」(野菜が「ベジタブル」と呼ぶことからの連想)を登場させている。

ノンフライ製法、カルシウム分を含む点は従来の「おっとっと」と同じ。また箱の中面にはハサミとノリで作れる「はじめての工作<イースター編>」を印刷し、食べ終えた後もお気軽な工作を楽しむことが出来る。

形状の楽しさは「おっとっと」ならではのものだが、今商品では「畑のなかま」「畑のお客さま」といずれも非常にユニークなスタイル。見ているだけで子供だけでなく大人でも楽しくなってくる。野菜や「お客さま」の姿かたちに微笑ましさを覚えながら、ひとつひとつじっくりと楽しんでいきたいものだ。


■関連記事:
【とうもろこしが入って「もろこしっと」になった「おっとっと」、カップ入りで限定発売】
【これはカワイイ! リラックマのコラボデザインなおっとっと登場】
【今度はペーパークラフト付き・おっとっとが新レア付きでリニューアル発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー