気軽にたくさん食べられる・うまか棒とホームランバーがファミマのプライベートブラントで登場

2015/03/18 07:59

うまか棒 ミニチョコナッツファミリーマートは2015年3月17日、同社のプライベートブランドFamilyMart collectionの新商品として、協同乳業のアイス「ホームランバー」や明治のアイス「うまか棒」との共同開発企画商品となる「ホームランバー バニラ/いちご」「うまか棒 ミニチョコナッツ」を同年3月24日から発売すると発表した。価格はそれぞれ88円・298円(税込)(【発表リリース:懐かしの人気アイスとコラボ! FamilyMart collectionから「ホームランバー」と「うまか棒」を発売!】)。

↑ 「ホームランバー バニラ/いちご」と「うまか棒 ミニチョコナッツ」
↑ 「ホームランバー バニラ/いちご」と「うまか棒 ミニチョコナッツ」

大手コンビニのプライベートブランドでは自社開発商品以外に大手他社商品との共同開発として、知名度の高いナチュラルブランド商品をOEM的に発売することがある。コンビニ側ではラインアップの拡充と知名度の高さを商品の魅力に付加出来、大手他社側では該当商品の浸透やファンの獲得、ブランドの知名度向上に貢献するため、多くの企業、特にお菓子メーカーがコンビニと手を組む状況となっている。

ファミリーマートのFamilyMart collectionでもそのパターンによる新商品が相次いでいる。普段は駄菓子屋などでしかなかなかお目にかかれない、ロングセラーのお菓子がコンビニで気軽に手に入ることもあり、子供はもちろんだが大人からも注目を集めている。

今回登場するのはアイス方面における、有力ブランドとのコラボ商品。「ホームランバー」はホームラン坊やのイラストで良く知られる、協同乳業のアイスバー。FamilyMart collection版ではパッケージをシンプルにし、普通のアイスバー的な見た目による展開となる。味わいは「ホームランバー」そのもので、バニラといちごの2種類で展開。アイスバーの焼印に「当たり」が出たらもう1本もらえる当たりくじは健在。

「うまか棒ミニチョコナッツ」は明治のアイス「うまか棒」とのコラボ。コーティングに用いられたチョコレートとナッツのカリカリ感と、中のアイスの冷たさの黄金な組合せが楽しめる、程よいサイズのアイスバー。個包装で9本入りとなっているので、冷凍庫に収めておいて湯上りや食後のデザート、おやつ時にちょっとした冷たいアクセントが欲しい時にはありがたい一品となる。

パッケージデザインがFamilyMart collection仕様となっているためパッと見では気が付きにくいかもしれないが、中身は紛れも無く「ホームランバー」「うまか棒」。それぞれの商品のファンには見逃せない新商品に違いない。


■関連記事:
【さくさくぱんだのカワイイもなかアイス、ファミマ限定で発売】
【ミルクな味わい、牛の着ぐるみなパンダ…「さくさくぱんだ 恋するミルク」ファミマで数量限定発売】
【バータイプの白くまアイス「しろくま」、ファミリーマートから発売】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー