モス初の肉を使わずソイパティを用いたハンバーガー「ソイ野菜バーガー アボカドソース」期間限定登場

2015/03/18 10:44

「ソイ野菜バーガー アボカドソース」「ソイ野菜バーガー オーロラソース」ハンバーガーチェーン店「モスバーガー」を展開するモスフードサービスは2015年3月17日、ハンバーガーの新商品として、肉のパティの代わりに「ソイパティ」(大豆メインのパティ)を使った「ソイ野菜バーガー アボカドソース」「ソイ野菜バーガー オーロラソース」の2品目を、同年3月24日から5月中旬までの期間限定で発売すると発表した。価格は370円・340円(税込)。同時にほぼ同じ構成素材で、ソイパティでは無く従来の肉のパティを使った「アボカドソースバーガー」「Wアボカドソースバーガー」も発売する。こちらは370円・490円(【発表リリース:モスで初めて!お肉を使わず「ソイパティ」を使用したハンバーガーが登場!『ソイ野菜バーガー』2種 新発売 『アボカドソースバーガー』も期間限定で販売】)。

↑ 左から「ソイ野菜バーガー アボカドソース」「ソイ野菜バーガー オーロラソース」
↑ 左から「ソイ野菜バーガー アボカドソース」「ソイ野菜バーガー オーロラソース」

今回発売が発表された「ソイ野菜バーガー アボカドソース」「ソイ野菜バーガー オーロラソース」はその名前の通り、通常ならば肉のパティを使うところを、ソイ(大豆)をメイン素材としたソイパティを挟んだハンバーガー。このソイパティは大豆由来の植物性たんぱくを使い、たまねぎやセロリ、マッシュルーム、レンズ豆、ひよこ豆などを混ぜ合わせ、肉に近い食感を再現している。通常の肉製パティと比べるとカロリーもひかえめで、さっぱりとした味わいに仕上げられていることから、肉が苦手な人、健康意識の高い人などには高ポイントな商品となる。なおモスで肉を使わずにソイパティを用いたハンバーガーを販売するのは、今回が初めてとなる。

「アボカドソース」ではソイパティの上にオニオンスライス、アボカドソース(モスオリジナル)、トマト、レタスをのせ、さらにもう一度アボカドソースをかけてバンズではさんでいる。このアボカドソースはペースト状にしたアボカドにマヨネーズやピクルス、さらに豆腐や玉ねぎを合わせ、あっさりとしたタルタル風ソースとして仕立てられている。このソースのおかげで、たっぷり感のある野菜もさっぱりと食することができる。なおこのアボカドソースは同時発売される「アボカドソースバーガー」「Wアボカドソースバーガー」にも使われている。

一方「オーロラソース」では同じような構成だがアボカドソースでは無くオーロラソースを用いている。このオーロラソースはマヨネーズとケチャップに玉ねぎ、さらに赤ピーマンやズッキーニ、セロリを細かく刻んで混ぜ合わせた、モスオリジナルのもの。野菜の旨みを存分に堪能できる。

モスバーガーでは先行記事の通り、同時に豆乳などを用いた「やさしい豆乳スイーツ ティラミス風」「やさしい豆乳スイーツ ベリームース」も発表している。健康志向とオリジナル色を強めた商品の相次ぐ展開に、モスの意気込みとかじ取りの方向性を、改めて認識できよう。


■関連記事:
【小麦や乳、卵、白砂糖不使用なステキ豆乳スイーツ、モスから登場】
【超売れ過ぎで一部販売休止・キッコーマンの「いつでも新鮮シリーズ」】
【身体に良いものを美味しくいただく「間食健美」、第三弾は「大豆」でイソフラボンと食物繊維をゲット】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー