スイーツをたっぷり食べたい時のお友達「俺の チョコモンブラン(珈琲プリン)」などファミリーマートから発売

2015/03/19 07:11

俺のチョコモンブラン(珈琲プリン)ファミリーマートは2015年3月18日、同社のプライベートブランド「俺の」の新商品として「俺の チョコモンブラン(珈琲プリン)」「俺の いちごオレ」の2品目を同年3月24日から発売すると発表した。価格はそれぞれ398円・198円(税込)(【発表リリース:大人気“俺の”シリーズから ボリュームとインパクトのある見た目にこだわった デザートとチルド飲料を発売!】)。

↑ 俺のチョコモンブラン(珈琲プリン)と俺のいちごオレ
↑ 俺のチョコモンブラン(珈琲プリン)と俺のいちごオレ

「俺の」シリーズはその名前からも分かる通り、男性向けのスイーツを目指して創設されたプライベートブランド。甘さひかえめ、シンプルでかつ高品質な素材・調理方法の採用、男性諸氏が満足できるボリューム感を柱とし、パッケージデザインやロゴにもスタイリッシュな男性のシルエットなどを採用、他のスイーツ系商品とは一線を画する商品として仕立てられている。その独自性が商品そのものの内容をさらに際立たせるものとなり、また質の良いスイーツを大容量で食べられることから、複数人数で分けて食べる場面でも選択されるなど、多様な方面から注目を集めている。最近ではスイーツ以外の食品にも展開を行い、そのダイナミックなボリュームにあ然さと歓喜を覚えさせる。

今回登場するのは、スイーツの王様的存在のモンブランのチョコスタイルと、いちごオレのビッグサイズ版。「俺のチョコモンブラン(珈琲プリン)」はブランデーで風味づけをしたエスプレッソコーヒーを使ったプリンをベースに、チョコスポンジなどを重ね、さらにチョコモンブランクリーム、ココアクッキー、チョコソースで飾り付けをしたモンブラン。モンブランというと普通は栗の色がメインとなるが、プリンをはじめ随所にチョコ系統の素材を用いているため、見た目はむしろ「俺の」シリーズの基調色となる黒の印象が強い一品に仕上がっている。たっぷり感のあるココアクッキーやクリームのデコレーションは、まさに「俺の」シリーズならではのもの。

「俺の いちごオレ」は通常のチルドカップ飲料の1.5倍ほどとなる370グラムの容量を有するいちごオレ。もちもち食感が楽しめるブラックタピオカを入れ、「俺の」感を底上げする。パッケージにはいちごオレであることを強調するピンク色をベースとする一方で、「俺の」シリーズ共通の立ちポーズの男性などを黒背景・白抜きで描き、独特の世界観を生み出している。

他のスイーツと共に専用ケースに並べられ、その大きさやシンプルなデザインで存在自体が大いにアピール力を有する「俺の」シリーズ。今回登場する商品たちもまた、贅沢なスイーツタイムを演出する素敵なアイテムとなりそうである。


■関連記事:
【ファミマの男性向けスイーツ第四弾「俺のエクレア」1月25日から発売】
【冬の中でもガッツリパフェをいただきたい・ファミマの「俺の」最新作はイチゴとバニラの巨大パフェ】
【ファミマ名物「俺の」最新作は黒光りする容器が決め手の「俺の コーヒー」】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー