ビスコやコロンが抹茶仕立てで大登場・3月末から期間限定発売

2015/03/26 07:35

ビスコ<抹茶ミルク>江碕グリコは2015年3月25日、同社の焼き菓子ブランド「ビスコ」「コロン」において、辻利抹茶を使った抹茶ミルク味となる「ビスコ<抹茶ミルク>」「抹茶ミルクコロン」を同年3月31日から期間限定で発売すると発表した。発売終了時期未公表。価格は双方ともオープン価格。「ビスコ」は2枚入り16パック、「コロン」は8袋入り(【発表リリース:焼き菓子「ビスコ」「コロン」から辻利抹茶を使用した < 抹茶ミルク > 味が登場 2015年3月31日(火)から期間限定発売】)。

↑ 左から「ビスコ<抹茶ミルク>」「抹茶ミルクコロン」
↑ 左から「ビスコ<抹茶ミルク>」「抹茶ミルクコロン」

今回登場する2品目は、江崎グリコの定番焼き菓子シリーズのクリーム部分に抹茶の要素を付加した、和風テイストただようアレンジ版。「ビスコ<抹茶ミルク>」では辻利抹茶に甘いミルク風味を加えてビスケット2枚で上下から挟んだ、いわゆる「和風ビスコ」。2枚入りの小袋が16パック収められた形で販売されるため、ちょっと口が寂しい時などにもぴったりの、アクセントのある味わいを楽しめる。

「抹茶ミルクコロン」は中央の生クリーム仕立てのクリーム部分に辻利抹茶を使用。抹茶の香りとミルクのコク、そしてワッフルのサクサク感を一度に口に含む際に堪能できる一品に仕上げられている。

パッケージデザインは双方とも従来の既製品のものを踏襲しながら、抹茶味であることを強調すべくイメージカラーである緑を背景色などに大胆に用い、さらにグラデーション処理を施して高級感を演出。その上、茶器に用意されたお茶そのものを配し、本格的なお茶の味わいであることをアピールしている。

昨今では従来洋菓子タイプの商品に和菓子系の味わいを提供する菓子メーカーが増えているが、これは主に和菓子を好む中堅層以降の需要が増えたことによるもの。中でも抹茶は高級感を容易に加味出来、独特の渋みが味にアクセントを加えるため、多くの菓子で採用されている。今回リリースでは抹茶味を採用したことについて「海外の方からも人気の高いフレーバー」「海外からの旅行者のお土産としてもご利用いただければ」などと言及し、海外向けとしての長所にもなると強調し、高齢者以外に海外勢にも注目を集めているとしている。無論、それ以外の従来からのファンにも、抹茶味が魅力的なアレンジであることは言うまでもない。

今商品のセールスが堅調に推移すれば、今後江崎グリコの菓子シリーズで、これまで以上に抹茶味の商品展開が期待できそうだ。


■関連記事:
【ミルキーはコンポタの味な「大玉ミルキー(コーンポタージュ味)」登場】
【クリームなコロンに濃厚抹茶味、期間限定で登場】
【セブン-イレブン限定・チョコ尽くしな「ビスコ<ダブルチョコ>」「コロン<ダブルチョコ>」発売開始】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー