ピノで初めてな濃厚ジェラートタイプ「ピノ ルージュベリー」登場

2015/05/14 05:14

ピノ ルージュベリー森永乳業は2015年5月13日、同社のアイスクリームシリーズ「ピノ」の最新作として「ピノ ルージュベリー」を同年5月18日から発売すると発表した。価格は150円(税別)。内容量10ミリリットル×6粒。熱量31kcal/個。商品区分は氷菓(【発表リリース:「ピノ」史上初の“濃厚ジェラートタイプ”一瞬でココロがきらめく大人の女性向けのご褒美アイスが新登場!「ピノ ルージュベリー」5月18日(月)より全国にて新発売のお知らせ】)。

↑ ピノ ルージュベリー
↑ ピノ ルージュベリー

「ピノ」はひと口サイズのアイスとしては今や定番的な存在となったシリーズで、1976年の発売開始以来すでに40年近い歴史を誇る、複数世代に渡って愛されている歴史あるプチ系アイス。リリースに「ご褒美アイス」と表現されている通り、一つ一つを内包されている専用の楊枝で刺して口に運び、口どけの良いチョコレートでコーティングされたなめらかなアイスを堪能できる、ちょっとしたリッチ感が楽しめるのがポイント。多様な味わいを期間限定で展開しており、さまざまな味わいを楽しめるのも魅力の一つ。

今回登場する「ピノ ルージュベリー」は、プレミアム感を覚えさせる、一歩大人の階段を登ったような一品。カシス、ラズベリー果汁、ブルーベリー果肉をバランスよく配合し、果肉の食感が体感できる濃厚でなめらかなベリージェラートを、ラズベリーパウダーを混ぜ込み色鮮やかで華やかな香りが立つラズベリーチョコで包み込んでいる。これにより1粒で芳醇(ほうじゅん)な香りと贅沢なまでの果実感を心行くまで味わうことが出来る。

パッケージデザインもプレミアム感を演出すべく、白を基調として商品そのもののを断面によって中身が見えるような形で配し、その周囲には味わいのもとになった各種ベリーを散りばめ、新鮮味をアピール。ロゴには高級感を有する金色を採用し、種類名の「ルージュベリー」部分はオシャレな字体を用いている。さらに内包されている楊枝も金色を採用し、ゴージャスさを底上げする。

一つ一つを口にするたびに、贅沢なまでの果実のぎっしり感が身体のすみまで浸透するように味わうことができ、味に、香りに酔いしれるひとときへといざなわれていく。「大人の女性に向けた」と説明されているが、ピノ好きな人すべてにとって見逃せない一品に違いない。


■関連記事:
【ピノとダースが夢の共演「ピノ DARS(ダース)ミルクチョコ」冬季限定登場】
【セブンと森永が奇跡の握手・ピノ初のコラボ「ピノ ノワールショコラ」限定発売】
【森永のミルクキャラメルがピノに・森永乳業、森永製菓とのコラボ商品を展開】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー