「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」第27回サラリーマン川柳ベスト10など発表

2014/05/23 07:00

俳句第一生命は2014年5月22日、同年2月19日から3月19日まで投票を受け付けていた第27回「第一生命のサラリーマン川柳コンクール」のベスト10投票の結果を発表した。それによればもっとも多くの票を勝ち得た作品となったのは「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」だった。全投票約11万人のうち5204票を得てのトップだった。次いで「もの忘れ べんりな言葉 「あれ」と「それ」」「妻不機嫌 お米と味噌汁 「お・か・ず・な・し」」などが続いている(【発表リリース:栄えある第1位は「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」(段三っつ)!第27回第一生命サラリーマン川柳コンクール『私が選ぶサラ川ベスト10』全国投票結果発表】)。

↑ 第27回「第一生命のサラリーマン川柳コンクール」結果発表
↑ 第27回「第一生命のサラリーマン川柳コンクール」結果発表

「サラリーマン川柳」とは毎年第一生命が行っている投稿型イベントの一つで、時節にあう、サラリーマンの状況を描いた川柳の投稿を受け付け、その中から入選句を選出。その上で一般投票にて最終的なベスト100、さらにはベスト10の川柳を選ぶという催し。毎年多数の句が投稿され、今回2014年においては3万3605句もの応募があった。また、開催年の時節を深く反映した句が投稿され、上位にラインアップされることから、その年その年の世情や社会動向を推し量るイベントとしても知られている。

今回最上位についた句「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」は流行のゆるキャラの一人である「ふなっしー」とサラリーマン夫婦における夫婦愛、あるいは哀愁を容易に脳内にイメージできること、句を詠んだであろうサラリーマン側の得も言われぬ感想、想いがじわじわと伝わってくるようで、不思議な重みを覚えることができる。

また上位陣には流行語となった「おもてなし」をそのまま用いるのはもちろん(「おもてなし 受けてみたいが あてもなし」)、シャレでもじった句(「妻不機嫌 お米と味噌汁 「お・か・ず・な・し」」)が詠み手をの笑いを誘ったり、人気のドラマを取り入れつつも現実の厳しさをしんみりと伝えてみたり(「やられたら やり返せるのは ドラマだけ」「いつやるの? 聞けば言い訳 倍返し」)、さらにはサラリーマンの寂しい昼食事情をズバリ詠んで涙すら誘う句があるなど(「わんこより 安い飯代 ワンコイン」)、単に笑える面白みだけでなく、さまざまな方向で想いを寄せられる深い興味深さを覚えさせることができる。

今回の上位句をはじめ、最終選考にノミネートされた100句は、専用ページ【第27回サラリーマン川柳ベスト10】から確認することができる。昨今の世情を「そういやそうだよな」と再確認したり、「なるほど」と新たな発見を体験しながら、知的娯楽感を堪能できる川柳を楽しんでみてはいかがだろうか。


■関連記事:
【「パパも好き!」 その「も」が気になり 眠れない…第5回「ようちえん川柳」大賞決定】
【「はやぶさの 五倍もかけて ローン終え」オリックスマネー川柳応募開始】
【どうぶつの 森で川柳 募集中 優秀作品 サイトで公開】
【「マイケルの真似を発作と間違われ」シルバー川柳入選作品発表】
【アニメ観て 泣く俺を見て 母が泣く」第9回あなたが選ぶオタク川柳大賞決定】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー