トマトとレモンに特製スパイス、さわやか辛さのキーマカレーなボンカレーゴールド登場

2015/06/10 07:00

ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー大塚食品は2015年6月9日、同社のレトルトカレーシリーズ「ボンカレー」の最新作として、「ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー」を同年6月22日から発売すると発表した。価格160円(税別)。内容量180グラム。熱量128kcal/個。夏季限定の発売(【発表リリース:冷やしてもおいしい夏季限定「ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー」を発売】)。

↑ ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー
↑ ボンカレーゴールド太陽のキーマカレー

今回登場する夏向けの期間限定商品となるボンカレー「ボンカレーゴールド 太陽のキーマカレー」は、キーマカレーにスポットライトを当てた商品。キーマカレーとは日本では主に鶏肉を使って作られている、インド料理としてのカレー。ひき肉と玉ねぎやニンジンなどの野菜をみじん切りなどにして、水やトマトと共に煮込んで作る。細かく刻まれた具材たっぷり感があるのが特徴で、通常のカレーとはまた違った食感を楽しめる。

今商品では凍結レモンと完熟トマトを共に用いることで、トマトの優しい酸味がレモンによって引きたてられている。またクミンやコリアンダーなどの清涼感あふれるスパイスを用い、さわやかさを底上げしている。さらに夏向けの商品として、通常のスタイルとなる「温めて食べる」以外に「冷蔵庫で冷やして食べる」様式でも美味しくいただけるよう、油分量を調整して調理し、さらにコクを出すためにアーモンドミルクとココナッツミルクを加えて仕上げている。冷やし形式の食べ方では、一例としてそうめんのつけ汁代わりに用いることを提唱している。

パッケージデザインは大よその部分で通常版と共通の形式を用いてボンカレーゴールドシリーズであることを強調する一方で、左上にはリボンかけの形で「完熟トマトと凍結レモン」「冷やして、そうめんと」などと特性や食べ方のスタイルの提案的コピーを配し、太陽のマークと共に「夏限定」、右上に「温めても 冷やしても」などとセールスポイントを書き記し、個性をアピールしている。

なお今商品の辛さは、同社基準で6。ボンカレーゴールドの甘口が1、中辛が3、辛口が5、大辛が8なので、辛口超えで大辛未満の辛さとなる。結構な辛みを持つ形となるので、辛さが苦手な人には注意が必要だ。


■関連記事:
【ボンカレーにもプレミアム時代到来・「The ボンカレー」2月12日登場】
【エースコックとココイチの新作は「キーマカレー焼きそば」、7月22日発売】
【ナンにマッチしたカレー「ナンともおいしいキーマカレー」ハウス食品から登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー