餃子の王将初監修・からあげクン 300万食の餃子味数量限定発売

2015/06/24 05:05

からあげクン 餃子味ローソンは2015年6月23日、同社のフライヤー商品「からあげクン」の新作として、外食チェーン店「餃子の王将」が監修した「からあげクン 餃子味」を同年6月30日から発売すると発表した。価格は216円(税込)。300万食の数量限定発売(【発表リリース:「餃子の王将」初の監修商品 「からあげクン 餃子味」発売】)。

↑ からあげクン 餃子味
↑ からあげクン 餃子味

「からあげクン」はローソンオリジナルのフライヤー商品の一つで、1986年4月から発売を始めている歴史のあるシリーズ。年間販売数は約1億6000万食に登る(単純計算で1店舗当たり1日40個近くのセールス)。定番の味わいとなるレギュラー・レッド・北海道チーズに加え、期間限定や企画アイテムとして、多様な味を提供し、注目を博している。今回登場する「餃子味」で味の種類は累積148品目となる。

「からあげクン 餃子味」は、老舗の中華料理店「餃子の王将」の監修を受けた商品。同社が他社の食品を監修するのは、今回が初めてとなる。ベースとなる鶏肉には国産若鶏を100%用い、パッケージにも「餃子の王将」同様のこだわり国産をアピールしている。そして「餃子の王将」の餃子と同様の具材(キャベツ・ニラ・にんにく・生姜)を使用しているのもポイント。細かく刻んだキャベツとニラを国産若鶏の胸肉に入れ込み、にんにく・生姜・ラー油を加えたしょう油ベースのタレに漬け込んでいる。さらに酢の風味を効かせ、「餃子の王将」の餃子の味を再現したとのこと。

パッケージデザインには「餃子の王将」のロゴを大きく取り上げてタイアップ感を前面に押し立て、パッと見、あるいはケース内に陳列している状態でも、それが分かるようにしている。その上、本物の餃子を箸でつまんでタレにつけているシーンを描き、味わいを想起させるものとしている。

餃子味のからあげ的なフライヤーフーズとはどのような味となるのか。からあげクンを普段から食べ慣れて、新しい味わいの登場を楽しみにしている人はもちろんだが、餃子好き、「餃子の王将」ファンにも、気になる一品に違いない。


■関連記事:
【人気のファミレス、ベスト3は「サイゼリヤ」「餃子の王将」そして……】
【深谷ねぎを使って油淋鶏(ユーリンチー)風味に仕上げたステキからあげクン、数量限定発売】
【ローソンのからあげクンに幸楽苑の醤油ラーメン味が登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー