マクドナルドでトマトのトッピング開始、1枚40円で3枚まで追加可能

2015/07/30 05:07

トマト日本マクドナルドは2015年7月29日、同社が販売しているハンバーガー類に40円(税込)を追加することで「スライストマト」1枚をトッピングできる新サービス「トマト トッピング」を同年8月4日から全国の同社店舗で実施すると発表した。1つのバーガーに付き最高3枚まで。朝マック時間帯「以外」での提供(【発表リリース:店舗でスライスした、みずみずしくフレッシュなトマトをプラス40 円でバーガー類にトッピングできる全国初の新サービス!「トマト トッピング」8月4日(火)より全国のマクドナルド店舗で開始】)。

↑ スライストマト(イメージ)
↑ スライストマト(イメージ)

マクドナルドでは晩春から野菜メニューに力を入れており、「サイドサラダ バジルソース」や「ベジタブルチキンバーガー」、さらには通常のバーガーメニューに各種野菜を追加した「フレッシュマック」を期間限定で提供しているが、これが好評を博している。特に野菜群の中でもトマトには好意的な意見が多いことから、今回のトッピングメニュー開始と相成った。

「スライストマト」はレギュラー時間帯のバーガー類(単品、セットを問わず)に対し、1枚40円の追加料金で1枚追加できるトッピングサービス。合計で1つのバーガーにつき3枚まで追加できる。なお同社のトマトの原産地は現在日本・アメリカ産。

説明によるとトマトの果肉の旨みはさまざまなバーガーのパティとの相性も良く、利用者の好みに合わせてトマトの枚数を増して酸味あふれる新鮮さを堪能できるとのこと。また日本マクドナルドでは全国規模でトッピングサービスを開始するのは今回がはじめてとのことで、その点でも注目に値する。

味わいを利用者が調整できるのは非常に興味深く、また好ましい話に違いない。他方、オペレーションの上では煩雑さが予想されるため、その点が心配な点となる。先日から続くマクドナルドの野菜攻勢がさらに勢いづくことになるのか、その様子を見極め、味わいたいものだ。


■関連記事:
【定番メニューに野菜をガッツリとプラス・マクドナルドで「フレッシュマック」3種が期間限定登場】
【年末ステキなサプライズ・かにコロッケバーガー期間限定でマクドナルドから登場】
【トマトとレタスでみずみずしさを…朝マック期間限定商品「フレッシュマフィン」登場】
【野菜なチキンバーガーにチキンマフィン、たっぷり野菜のサラダなど、マクドナルドでベジタブルなメニュー続々登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー