まずは5種類・ファミマの中華まん、今年は8月3日からの登場

2015/08/01 05:15

ファミリーマートは2015年7月31日、カウンターフーズの定番の一つである中華まんの2015年度版について、同年8月3日から全国の同社店舗で販売を開始すると発表した。北海道・宮崎県・鹿児島県は8月4日から、沖縄県は8月18日からの発売(【発表リリース:ファミリーマート、2015年度版「中華まん」を販売開始】)。


↑ ファミリーマートの中華まん
↑ ファミリーマートの中華まん

先に【ローソンの中華まん2015年版は8月4日から発売開始、今年は高付加価値商品が続々登場】でも解説したが、コンビニのカウンターフーズでは欠かせない存在の中華まんは、前日と比べて気温が低くなり、絶対気温が高くとも涼しさを覚えるようになる8月中旬あたりからセールスが伸びるため、そのタイミングでの本格展開が行われる。店舗によっては少数銘柄を年中発売していることもあるが、全国規模での発売は、今年のファミリーマートの場合は8月3日からとなる。

今回発表された定番アイテムとなるラインアップは全部で5種類。「肉の旨味感じる肉まん」「完熟トマトのソースとのびーるチーズのピザまん」「北海道十勝産小豆のなめらかこしあんまん(ごまあん)」「北海道十勝産小豆の粒あんまん」「チーズを味わう4種のチーズまん」と、基本どころを残さず網羅しており、あんまんに関しては粒あん・こしあん双方をサポートしている(こしあんは北海道・東北地方・関東地方・東海地方のみの展開)。

他方商品名からも分かる通り、それぞれ少なからずの工夫がなされていると共に、名前も小洒落た喫茶店の商品名のようなネーミングが施されており、ファミリーマート側における中華まんの位置づけについて、オシャレ感を意図していることが想定される。特に「チーズを味わう4種のチーズまん」ではカマンベール、ゴーダ、チェダー、パルメジャーノレッジャーノといった4種類のチーズを織り交ぜて用い、チーズ本来の味わいを楽しめるものとして創られており、スイーツ的なポジションにすらあるように見える。

ファミリーマートでは毎年他業種との間でコラボを行い、独特なデザインの中華まんを展開することでも知られている。今回発表された定番アイテムと共に、今年はどのような奇抜で楽しく、そして美味しいラインアップを世に送り出してくれるのか、楽しみな人も少なくあるまい。


■関連記事:
【ローソンの中華まん2015年版は8月4日から発売開始、今年は高付加価値商品が続々登場】
【この発想は画期的・フランクフルトをそのまま中華まんにした「まるごとフランクまん」ミニストップから発売】
【オラフな顔の中華まんも・ファミマで「アナと雪の女王」などのオリジナルグッズ登場のホワイトクリスマスキャンペーン実施】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー