ザクとシャアザク、ガンダムシールドなどが立体化…立体造形ガンダムiPhoneケース、バンダイから登場

2013/11/18 14:55

iPhone 5&5s対応シリコンジャケット 機動戦士ガンダムバンダイは2013年11月18日、同社が運営するショッピングサイト【プレミアムバンダイ】内のショップ「KIWAMONOWEB」において、キャラクタースマホジャケットシリーズでは初となる立体タイプのジャケット(本体カバー)「iPhone 5&5s対応シリコンジャケット 機動戦士ガンダム シャアザク・量産型ザク・ガンダムシールド・ジオン」の予約受付を開始したと発表した。価格はそれぞれ2625円(税込)(【発表リリース:ガンダムシリーズ初の立体スマホジャケット!iPhone 5&5s対応ザク型ジャケット等4種の予約開始】【予約該当ページ】)。

↑ iPhone 5&5s対応シリコンジャケット 機動戦士ガンダム。左からシャアザク、量産型ザク、ガンダムシールド、ジオン
↑ iPhone 5&5s対応シリコンジャケット 機動戦士ガンダム。左からシャアザク、量産型ザク、ガンダムシールド、ジオン

「KIWAMONOWEB」とは「プレミアムバンダイ」内にある、キャラクターグッズやスマートフォン用キャラクタージャケットを中心に扱うショップページ。人気キャラクタからレアなデザインに至るまで、多種多様なキャラクタをモチーフにしたキャラクタグッズを展開している。名作アニメや漫画はもちろんだが、ゲームや菓子系のイメージキャラクタまでもが対象とされ、意外な品揃えが楽しめる。昨今ではスマートフォンの若年層への浸透ぶりと、利用者側の個性を見せたいとの主張需要から、スマホジャケット(本体カバー)が充実している。

今回登場するのは、国内外を問わず人気の集まるアニメ「機動戦士ガンダム」のスマートフォン用ジャケット。しかも「KIWAMONOWEB」シリーズでは初となる半立体が行われている。ラインナップは作品中でも特に人気のあるモビルスーツ「シャアザク」「量産型ザク」本体をイメージしたもの、そして「ガンダムシールド」、さらにはジオン公国の紋章をデザインした「ジオン」の4種となる。

デザインと原型は一から作成し、ザクの魅力が最も映える角度でレイアウト。モノアイがワンポイントのアクセントとして効いている。そしてシリコン素材によりグリップ感も抜群で、しっかり手になじむ作り。「シャアザク」は番組登場のライトな赤をメインに、ザクのディティールがはっきり出る色を選択。一方「量産型ザク」では、渋いグリーンが特徴で落ち着いたカラーに仕上げている。


↑ シャアザクを真正面と横から見た図
↑ シャアザクを真正面と横から見た図

他方「ガンダムシールド」はガンダムの盾を立体でそのままスマホジャケット化。少々斜めに傾けてジャケットに配することで、作品中でガンダムがシールドを構えるシーンを連想できるビジュアルに仕上げられている。「ジオン」は紋章をおしゃれなデザインで配置。半立体で浮き出した紋章をあえて全体ではなく、一部欠ける形でレイアウトすることにより、一層アクセントを持つビジュアルを構築している。

商品の到着予定は2014年2月。また今回はプレミアムバンダイでの先行予約受付が開始された次第だが、今後一部店舗でも順次発売予定はあるとのこと。

スマートフォン本体のビジュアルは機種毎に大きな違いが無いことから、カバーなどで他人との差をアピールする、個性を見せるのが一番手っ取り早い。まるで自らの洋服を選ぶように、日々カバーを変える人もいる。より目立つタイプの立体化カバーということもあり、注目する人も多いだろう。ガンダムのファンは複数揃え、気分によって付け替える使い方もアリかもしれない。


■関連記事:
【ガンダムのハロを模した冷たいどら焼き「ハロドラ」、GUNDAM Cafe限定で発売】
【「一番好きなガンダムの作品は何?」もっとも多くの人が答えたのは……】
【モビルスーツ群がポイント・ガンダムUC(ユニコーン)の一番くじ、6月上旬から展開】


(C)創通・サンライズ

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー