【更新】肉好きの聖地「東京ミートレア」、12月3日にオープン決定

2009/10/22 07:07

「東京ミートレア」展開店舗イメージナムコと京王電鉄は2009年10月21日、京王電鉄が東京都八王子に新設する複合商業施設「フレンテ南大沢」新館の集合核施設として、日本初の「お肉料理のテーマパーク」『東京ミートレア』を同年12月3日にオープンすると発表した。第一報はすでに以前お伝えした通りだが、食べるだけでなく見る・知るという観点から「お肉料理」を楽しむことができる([発表リリース])。

施設完成イメージ
施設完成イメージ

展開される店舗一覧(7店舗)
展開される店舗一覧(7店舗)

「東京ミートレア」は、ナムコの持つテーマパークのノウハウを生かし、京王電鉄株式会社が新設する複合商業施設「フレンテ南大沢」新館の集客核施設としての役割を担う。施設運営は京王電鉄が実施。20歳-40歳代の女性を中心に、ファミリーやカップルなど幅広い年代層をターゲットとし、初年度は130万人の集客を見込んでいるという。

主要なスペック、コンセプトなどは次の通り。

■テーマ
「東京ミートレア」は、幸せになれる、元気になれるお肉料理がテーマ。“いつもよりちょっとご馳走、ちょっとご褒美、ワクワク気分で幸せをもたらす”お肉料理と出会うことができる施設です。

■園内環境
色彩豊かな情景が特徴的で、肉料理の種類も豊富なスペインをモチーフに、活気ある賑やかな街エリアと緑豊かで安らげる村エリアを演出します。また、お肉料理の発祥や豆知識が学べるミュージアムエリアを併設し、食べるだけにとどまらない、見る楽しさや知る楽しさを提供します。

■店舗構成
日本人に親しみの深い“牛・豚・鶏”料理に焦点をあて、(1)調理・提供方法のオリジナリティ (2)メニューの新しさ・珍しさ (3)流行 (4)ストーリー性 (5)美味しさ という5つの観点のもと、価格やボリュームにおいても充分に満足できる7店舗を全国から集めました。

なお「東京ミートレア」は「フレンテ南大沢」の5階にオープン予定。南大沢駅駅ビルの新館として登場予定。7店舗の写真を見る限り、一日ですべてを回りきり料理を堪能するのは少々難しそうな気がする。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー