カフェイン97%カットなカフェインレス缶コーヒー「ワンダ グリーンカフェ」発売

2013/11/21 09:30

ワンダ グリーンカフェアサヒ飲料は2013年11月20日、同社のコーヒーブランド「ワンダ」の新商品として、カフェインレスの缶コーヒー「ワンダ グリーンカフェ」を同年12月10日から全国で発売すると発表した。価格は115円(税別)。内容量185グラム。種類区分はコーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)。容器はスチール缶(【発表リリース:すっきりやさしい味わいのカフェインレス缶コーヒー『ワンダ グリーンカフェ 缶185g』12月10日(火)新発売】)。

↑ ワンダ グリーンカフェ
↑ ワンダ グリーンカフェ

「ワンダ」とはアサヒ飲料のコーヒーブランドの一つ。微糖でかつ濃厚なのがコンセプトで、「ワンダフルコーヒー」(素晴らしいコーヒー)をもじったネーミングとなっている。最近ではカロリーオフタイプや糖類ゼロのものも発売され、さらにブラックタイプやエスプレッソタイプを兄弟ブランド「大人ワンダ」で展開中。

今回発売される「ワンダ グリーンカフェ」はカフェインを97%カットしたカフェインレスコーヒーを使用。苦味を抑え、すっきりとした味わいに仕上げている。名前にはすっきりとした味わいを印象付けるために爽快感をイメージさせるグリーンという言い回しを採用。またパッケージにも緑を多分に用い、コーヒーを思わせる濃い茶色と合わせることで、「すっきり感のあるコーヒー」を連想させる配色となっている。そしてブランド名を大きく配し、上に商品名の「グリーンカフェ」、下に特徴の「カフェイン97%」「すっきりやさしい味わい」のコピーを書き連ね、シンプルで分かりやすいビジュアルを構成している。

コーヒーの味わいは好きだが、カフェインそのものは少々苦手、受け付け難いという人も結構耳にする。今商品は多少は含まれているものの、従来品と比べれば随分と少ない値には違いない。苦手感を覚える人にも、これならいけるかもしれない。


■関連記事:
【カロリーオフ・カロリーゼロを買う理由、トップは摂取カロリー調整】
【その眠さ、本当に寝不足から? 過度の眠気の原因を探る】
【原材料は日本のお米・カフェインゼロの無糖茶「キリン にっぽん米茶」発売】
【糖分、保存料、そしてカフェインまで無添加な「コカ・コーラ ゼロフリー」登場】
【刺激成分プラスでますますスッキリ・「ブラックブラック」ガムに新商品「粒ショック」登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー