カゴメとカルビーの最強コンビが新たなポテチを創生「ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味」発売

2013/11/21 12:00

ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味カルビーは2013年11月20日、カゴメが販売する「カゴメトマトケチャップ」との初の共同開発企画商品となる「ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味」を同年11月25日から順次発売すると発表した。58グラム入り(コンビニ以外)・83グラム入り(コンビニ限定)の2種類。価格は双方ともオープン価格。58グラムタイプは12月2日からの発売となる(【発表リリース:はじめてのおいしいコラボレーション『ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味』11月25日新発売】)。

↑ ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味
↑ ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味

カゴメの代表的な調味料「カゴメトマトケチャップ」は1908年の製造以来、100年以上の長きに渡って用いられている、言葉通り世紀を超えたロングセラー商品。トマト・糖類・お酢・食塩・たまねぎ・香辛料を原材料とし、夏の畑で完熟させたトマトケチャップ用トマトを使用。大さじ2杯でトマト1個分が使われており、トマトの旨味が濃縮されているのが特徴。

今回登場する「ポテトチップス カゴメトマトケチャップ味」は、この「カゴメトマトケチャップ」と「カルビーポテトチップス」による初めてのコラボ商品。これはカルビー側が「今までにない新しい楽しさ・美味しさの『カルビーポテトチップス』は無いものか」と創作開発をしている中で、現在「みちのく未来基金(東日本大震災の震災遺児の進学を支援する公益財団法人)」で共同支援活動を行っているカゴメに目が留まり、提案。開発が実現することとなった。

今商品では上記にある通り、トマトの味わいが濃縮された「カゴメトマトケチャップ」の味わいをそのまま楽しめるポテトチップスとなっている。トマトケチャップ、ポテトチップス双方の美味しさを十分に引き出しつつ、トマトケチャップの程よい酸味と旨味が、じゃがいもの風味にぴったりマッチしている。そのため、飽きの来ないさっぱりとした味わいに仕上げられているのが特徴。

パッケージには従来のカルビーのポテトチップスのデザインを踏襲しながら、商品名が描かれる上部には通常ベタ塗処理が成されるのに対し、今商品では「カゴメトマトケチャップ」でお馴染みのトマトをぎっしりと詰め込んだ模様が描かれており、両商品のコラボ感ががっちりと伝わるビジュアルとなっている。

パッケージ写真を見る限り、ポテトチップスそのものの色はトマトケチャップの色を多分に反映したオレンジ色で、チリ味系のポテトチップスに雰囲気が似ている。一方、ポテトチップスをはじめとしたポテトのフライ系の食品とケチャップの相性の良さは誰もが知るところで、ポテトチップスにケチャップを浸けて食べた経験がある人は多いはず。その両者が最初から一体化しているとなれば、注目しないわけにはいかない。

ポテトチップス好きはもちろんだが、ファストフードなどでのポテトフライを好む人にも気になる一品といえよう。


■関連記事:
【カルビー、501キログラムのポテトチップス作成で世界記録達成】
【イギリスの「給食改革」で思わぬ波紋・親が勝手に油モノを子どもに買い与えることも】
【「ポテトチップス コンソメパンチ」がマッシュドポテトに・ミニストップで数量限定発売】
【老舗「にんべん」とのコラボなポテトチップス「プレミアム梅かつおぶし味」湖池屋から登場】
【セブンイレブン限定・カルビーのポテトチップス購入で専用トングがもらえるキャンペーン実施中】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー