【更新】自分だけの「バスボム」が創れる「バスボムメーカー」、バンプレストから登場

2009/11/14 07:29

バスボムイメージバンプレストは2009年11月13日、スーパーなどで身近に手に入る材料を用いて、自分でオリジナルのバスボム(入浴剤)を作れる『バスボムメーカー』を同年11月下旬から全国の雑貨店・玩具量販店などで発売すると発表した。価格は4179円(税込)。サイズは278×235×210ミリ(組み立て時)([発表リリース])。

バスボムメーカー
バスボムメーカー

『バスボムメーカー』でのバスボムの作り方
『バスボムメーカー』でのバスボムの作り方

「バスボム」とは、お風呂(バス)に入れた時シュワーッと発泡する、爆弾(ボム)のようなインパクトのある人気の入浴剤。バスボムは重曹とクエン酸が主成分のため、炭酸ガスによる温浴効果があるといわれている。その他、配合する成分により、色や香りも楽しむことが出来るため、美容の観点のみならず、リラックス効果においても注目されている。

今回発売される『バスボムメーカー』は、バラエティ豊かなオリジナルのバスボムを自宅で手軽に作ることが出来る道具。重曹やクエン酸など、スーパーなどで身近に手に入る材料を混ぜ合わせてプレス(圧縮)するだけで「バスボム」をつくることができる。好みの香りや色がつけられるので、その日の気分に合わせて、まるで日替わりのデザートのように、オリジナルのバスボムを楽しむことが出来る。

レシピ本が同梱されているので、バスボムに知識があまり無い人でも幅広いバリエーションのバスボム作りを楽しむことが出来る。また、材料をアレンジするだけではなく、マスコットやメッセージを入れて楽しむことも可能となる。なお初回購入特典として、本商品の推奨メーカー「niwaQ」の重曹600gとクエン酸300g(バスボム約4個分)が付属となるとのこと。

「Princess Rose Kiss」(ローズエッセンシャルオイル・ドライローズのつぼみ)イメージレシピ本の表紙などを見ると、アイスクリームのようなイメージで「バスボム」を作ることを想定しているようで、種類もアイスクリームの種類のようなものが色々と紹介されている。「入浴剤などドラッグストアで安売りされているもので十分」という当方(不破)のような人にはあまり縁のないアイテムだが、お風呂でのリラクゼーションを十分以上に堪能したい人、アロマテラピーなどに興味を持っている人、入浴剤にこだわりを持つ人には良いアイテムとなるかもしれない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー