【更新】3000万円の2010年版純金ビッグカレンダー発売へ

2009/11/20 05:19

2010年版純金ビッグカレンダーイメージ田中貴金属ジュエリーは2009年11月19日、2010年版「純金ビッグカレンダー」を同年11月20日から発売すると発表した。販売価格3000万円(税込)。すべて受注販売。K24の純金を約6キロ使用し、カレンダー部分のサイズは約40センチ×65センチ([発表リリース])。


2010年版純金ビッグカレンダー
2010年版純金ビッグカレンダー

今回発売されるカレンダーの表面には2010年版の暦が、その裏面には、国指定の重要文化財「竹林豹虎図(ちくりんひょうこず)」(名古屋城管理事務所所蔵)の一部分が印刷されている。

サイズは縦約40センチ、横約65センチ、純金6キログラムを使用して製作。カレンダーの表面には、12か月分の暦を印刷しており、裏面には2010年の干支である「虎」が描かれた「竹林豹虎図」の中心部分が描かれている。

「竹林豹虎図」は、名古屋城本丸御殿に飾られていた襖絵(ふすまえ)で、国の重要文化財に指定されており、名古屋城本丸御殿は名古屋開府400年を迎える2010年の玄関の復元過程公開に向けて、復元作業が着々と進められている。この絵の作者は、安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した狩野派の画家であると考えられいるという。襖(ふすま)4枚にわたって描かれた原画には、仲睦まじい母子の豹と、鋭い眼光で2匹を守るように力強く構える雄の虎が描かれている。

純金ビッグカレンダーには、この雄の虎の部分が印刷されており、金色を最大限に用いた原画の美しさを、純金の輝きによってより一層豪華さを際立たせている。なお全て受注販売で、立てて飾ることのできる木枠にセットし、インテリアアイテムとしても活用することが可能とのこと

住宅一軒が買えるほどの価格を持つカレンダーというのも、ある意味究極な贅沢の感がある。防犯対策はしっかりと行わねばならないが、「是非一つ」と考えている人もいるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー