【更新】縁起の良い初夢を見られるかも? 重さ約3キロの純金製富士山発売

2009/12/16 06:57

純金製富士山イメージ田中貴金属ジュエリーは2009年12月15日、金(きん)の価格高騰に伴う注目の高まりなどを受けて、資産性が高く縁起の良い置物として「純金製富士山(K24)」を同年12月16日から発売すると発表した。参考価格は1173万円(税込、金価格3400円/グラムで計算)、専用のガラスケースも別売りで用意されている(5万円)。サイズは6×22センチ、重さ約3キロ([発表リリース])。

純金製富士山
↑ 純金製富士山

今回発売される「純金製富士山」は純金約3キログラムを使用し、縁起の良い富士山を象した、新春に相応しい置物となっている。記事タイトルにもあるように正月の初夢でも縁起が良いとされており、日本の山の象徴として多くの人々に愛されている富士山の形や起状を、純金で忠実に再現している。

投資用として金を購入する場合、一般には純金積立や地金バー、投資用コインなどが人気を集めている。しかし昨今では資産性を兼ね備えながら、職人の金加工技術力の高さや工芸品ならではの美しさを求める顧客が増加しているということで、より資産としての価値の高い工芸品シリーズを展開することになったという。今回発売される「純金製富士山」に加え、位牌などの仏具も第二弾として発売する予定とのこと。

「純金製富士山」はその日の金相場によって価格が変更するスライド価格方式で販売される。純金1グラムが3400円の場合は、税込参考価格は1173万円となる。

個人的には仏具よりは、まず「茄子」や「鷹」を先行させて縁起のよい初夢セット「一富士二鷹三茄子」を実現させてほしかったが、さすがにそれは難しかったのだろう(鷹はともかくナスの純金製置物はあまり嬉しくなかろう)。ともあれ、圧倒的なインパクトを誇るであろう「純金製富士山」の実物を、可能であれば見てみたいものである。


■関連記事:
【3000万円の2010年版純金ビッグカレンダー発売へ】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー