チョコっと刺激的な炭酸飲料はいかが? サントリーから「チョコレートスパークリング」登場

2009/12/23 07:21

チョコレートスパークリングイメージサントリー食品は2009年12月22日、「サントリー チョコレートスパークリング」を2010年1月19日から発売すると発表した。500mlペットボトル入りで価格140円(税込)(【発表リリース】)。

↑ サントリー チョコレートスパークリング
↑ サントリー チョコレートスパークリング

今回発売される「サントリー チョコレートスパークリング」は、バレンタインシーズンにぴったりの、新しい味わいの炭酸飲料。ソーダにチョコレートの甘い香りが溶け込んだ爽(さわ)やかな味わいが特長。パッケージは、チョコレートが浮かぶ透明のソーダを背景に、茶色とゴールドの高級感のあるラベルをデザインしている。

元々炭酸飲料は多かれ少なかれ甘味を感じさせるのが多いのが常。「香り」とはいえ、チョコレートの甘さをその甘味と重ねることで、どのような味わいが生まれるのだろうか。前例がないように思えるだけに、想像が出来ない。

リリースの説明にある通り、バレンタインデーにぴったりの、さわやかな炭酸飲料の立ち位置を占めることができるように、多くの人の支持を得られるのか否か。発売後の感想を待ちたいところだ。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー