10億長者が9人分誕生の当せん番号発表…BIGで1等当選9口決定

2013/11/24 19:25

独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)は2013年11月24日、先に【1等最高10億2円・サッカーくじBIG、1回限りの上限アップ】などで伝えたように、1等当選金が日本くじ史上最高額の10億2円になりうる第662回BIGについて結果を発表、1等の当選口数が9口となり、当選金額が上限の10億2円となったことを明らかにした。また売上は1開催口としては最高額の87億5785万9800円となったことも明らかにしている(【発表リリース:日本くじ史上最高!10億円当せん者誕生!BIG、1等10億2円が9口】)。

↑ 第662回BIGのくじ結果
↑ 第662回BIGのくじ結果

JSCが販売しているスポーツ振興くじ「BIG」は通常、1等当選金の上限は6億円。しかし2013年11月10日から23日まで発売された第662回分に限り、上限額が10億2円となる特別なスタイルでの販売となった。また通常は発売期間は1週間だが当回に限り2週間に延長され、結果として売上は1開催口としてはこれまでの最高金額の61億2033万1500円(第278回BIG)を大きく上回ることとなった。

1等当選口は9口で当選金額は上限の10億2円、次回繰越金は14億7345万3045円。2等206万3370万円が191口、3等3万9549円が2213口などとなっている。現時点ですでに【totoの公式サイト】では「当せん確認」のメニューから第662回分の当落を確認できるので、購入した人はチェックを入れてみると良いだろう。

確率論的には1人で複数口が当たる可能性もゼロではないが、まず9口それぞれが別の人に当たっていると考えた方が妥当。今日この瞬間に、日本に10億円長者が新たに9人誕生したことを想うと、色々と想う所がある人も多いに違いない。

なお1等の当選くじの発売場所に関する情報は、明日の11月25日に発表される予定。その内容をチェックし、自分の購入した場所を一覧から見つけて、ドキドキしながら番号参照をするのも一興かもしれない(別の回だが似たような経験をして、結局見事にハズレだった経験者は語る)。


■関連記事:
【宝くじ もし当たったら 誰に言う? 「黙っている」がトップじゃなくて……】
【「宝くじで10億円当たっても働き続ける」約7割…米の場合】
【年齢や学歴で微妙に変わる「宝くじで10億円当選」と就労意欲の関係】
【「宝くじ もしも3億当たったら」? 貯蓄や返済、それより住宅!】
【噂の「ビッグ」売上最高記録更新、1等9口までなら10億円確定】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー