折る瞬間のカイカンを何度でも! 「∞(むげん)チョコレート」1月30日に発売

2010/01/15 07:00

「∞(むげん)チョコレート」イメージバンダイは2010年1月14日、キーチェーン型玩具『∞(むげん)チョコレート』を同年1月30日から発売すると発表した。【明治ホールディングス(2269)】傘下の明治製菓との共同開発商品で、同社のチョコレートをデザインした3種類が用意されている。価格は630円(税込)(【発表リリース】)。

↑ 「∞チョコレート」
↑ 「∞チョコレート」

↑ 左から「明治ミルクチョコレート」「明治ハイミルクチョコレート」「明治ホワイトチョコレート」
↑ 左から「明治ミルクチョコレート」「明治ハイミルクチョコレート」「明治ホワイトチョコレート」


『∞(むげん)チョコレート』は、累計販売数250万個を突破した『∞プチプチ』『∞エダマメ』など、従来一つの品につき一度しか楽しめない行為を無限に楽しめるところが人気の「∞にできるシリーズ」の第6弾。板チョコレートを“パキッ”と折る感触を無限に楽しむことが出来る商品となっている。

板チョコレートのパッケージをイメージした専用ケースからチョコレート部分を取り出し、“パキッパキッ”と2箇所折ることが可能となっている。その感触が病み付きになり何度も折りたくなる楽しさが、本商品の最大の魅力。

なお今『∞(むげん)チョコレート』は、2009年4月に開催された「∞アイデアコンテスト」において、約1万件の応募の中から、最優秀賞に選ばれたアイデアを実現化したもの。ユーザーのアイデアが商品化された「∞にできるシリーズ」初の商品となる。また、『∞(むげん)チョコレート』は明治製菓株式会社とのコラボレーション商品で、「明治ミルクチョコレート」「明治ハイミルクチョコレート」「明治ホワイトチョコレート」の3種類の商品パッケージとチョコレートをイメージしたデザインになっている。

指摘されてみれば確かに、板チョコをその筋に従ってバリッと割る時の痛快感は中々のもの。あまり調子にのってバキバキやると食べるのに難儀してしまうが、この「∞(むげん)チョコレート」ならその心配もいらない。リリースにもあるように、バレンタインデーやホワイトデーのプレゼントに、ちょっとウケを狙うアイテムとして面白い一品といえよう。


(c)BANDAI 2010 (c)明治製菓

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー