ローソン史上売上一番のアイス第二弾「濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーン」登場

2013/11/25 15:25

濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーンローソンは2013年11月25日、全国の同社店舗(ローソンストア100除く)において、同年11月26日から「濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーン」を発売すると発表した。価格225円(税込)。同社史上もっとも売れているアイスクリーム「濃厚ミルクワッフルコーン」の第二弾にあたる商品となる(【発表リリース:「濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーン」発売】)。

↑ 濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーン
↑ 濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーン餅

ローソンでは今年4月から北海道産の生クリームやジャージー牛乳を使用した本格的な味わいを楽しめるアイスクリーム「濃厚ミルクワッフルコーン」(195円・税込)を発売している。このアイスクリームについて、素材にこだわった濃厚な味わいが手軽に楽しめるとのことから評判を集め、好調なセールスを示し、発売以降7か月の間、アイスクリームの商品分野で月間売上高1位を継続取得している。またポンタカードの会員データによれば、通常のアイスクリームの購入者の約7割は男性である一方、「濃厚ミルクワッフルコーン」は濃厚の味わいとさっはりとした甘さが女性のハートをつかみ、男女比が約1対1という購入性向が確認されている。今回はこのヒットを受けて第二弾として、ショコラ部分を織り交ぜた新作「濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーン」を発売することとなった。

同商品のミルク部分は、ローソンの人気商品「プレミアムロールケーキ」と同じ北海道産の生クリームと、蒜山産ジャージー牛乳を使用。不純物の少ない氷砂糖を使用することで、雑味がなくキレとコクのあるさっぱりとした甘さに仕上げている。一方ショコラ部分はミルク部分と同じ生クリームに加え、カカオの香りと味わいをより感じられるフランスのチョコレートを使用。濃厚ながらも苦みがアクセントとなり、最後まで飽きずに食べられる。

そしてワッフルコーン部分はクリーム本来の味わいを活かすため、麦芽糖を使用し甘さを控えめにした仕上げ。コーンの内側を「ホワイトチョコ」でコーティングする工夫を凝らし、最後までサクサクの食感を楽しむことができる。

人気の高い「濃厚ミルクワッフルコーン」のミルク部分に加え、苦味が効いたショコラ部分、そしてコーン内部のホワイトチョコと、ミルク・チョコ・ホワイトチョコの甘味三重奏で織りなされる「濃厚ショコラ&ミルクワッフルコーン」。シンプルなこれまでの「濃厚ミルクワッフルコーン」同様、あるいはそれ以上の濃厚な甘みによる至極の世界が口の中に広がり、甘美なひと時を過ごせるに違いない。


■関連記事:
【夏に冷やしたメロンパンはいかが? ローソンから冷やして食べるしっとりメロンパン登場】
【あんこと生クリームのカップリング「十勝あずきのミルク包み」…ローソンのスイーツブランド「Uchi Caf'e SWEETS」からアイスクリーム初登場】
【バタークロワッサンとホイップアイス、不思議な組合せを提案】
【電子レンジで仕上げるローソンのシャリシャリデザート「フローズンスイーツ」、今年は7種類が発売】
【ローソンから今川焼やブランのショコラなど温めて美味しいスイーツ・ベーカリー登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー