豆腐入りのチョコ、とな? ミニストップからフリーズドライ豆腐入りチョコ「素材を味わうチョコレート とうふ」発売

2013/11/25 15:55

素材を味わうチョコレート とうふミニストップは2013年11月25日、フリーズドライ(急速冷凍と減圧真空化で乾燥させる技術)の豆腐が入ったチョコレート「素材を味わうチョコレート とうふ」を、同年11月26日から全国の同社店舗で発売すると発表した。価格は148円(税込)。熱量196Kcal(1袋当たり)。数量限定発売(【発表リリース:豆腐がチョコレートになっちゃった?? フリーズドライの豆腐入りチョコレート 「素材を味わうチョコレート とうふ」11/26(火)より発売】)。

↑ 素材を味わうチョコレート とうふ
↑ 素材を味わうチョコレート とうふ

↑ 「素材を味わうチョコレート とうふ」内部構造
↑ 「素材を味わうチョコレート とうふ」内部構造

今回発売される新作のチョコレートは、気温が下がりチョコそのものの需要が高まる時期に向けて展開される、豆感のあるまろやかな「豆腐」感を味わえるチョコレートという、新機軸の意欲作。説明によれば「豆腐や豆乳が好きな人、女性をターゲット」としているとのこと。

豆腐はフリーズドライ化したものを入れており、熱をかけずに凍結乾燥するため、素材に含まれる成分を極力損なわずに乾燥素材化されている。企画設計上、1粒のチョコの中に6ミリ角の豆腐フリーズドライが4個ほど入っている。

またチョコそのものはミルク感を抑えた素材の味を活かすホワイトチョコレートを使用。豆乳パウダーなどを入れ、まろやかな豆腐の味わいを引き出している。

フリーズドライ化した豆腐というと、チョコレート菓子などで良く使われるパフの類が食感に近いだろうか。今件商品ではそのパフも入っており、歯触り的には大きな違いは無いかもしれない。問題は味だが、説明では全体のメインを成すホワイトチョコにミックスしている豆乳パウダーなどと合わせ、豆腐感を実感できるとのこと……だが、正直「豆腐感を味わえるチョコレート」の具体的な味覚が口の中でイメージできず、比喩的表現が難しい。何しろ和食の食材である豆腐と、洋食スイーツの代表であるチョコレートをミックスするという大胆な発想は想定しようが無く、前例も思い当たらない(雪見だいふく的なものとなるのだろうか?)。

パッケージデザインもどちらかといえばチョコレートというよりは和菓子の最中(もなか)をイメージさせるビジュアル。いかなる味わいを呈してくれるのか、興味深い新商品には違いない。


■関連記事:
【ローソンのブランシリーズから初の和惣菜パン「豆腐ハンバーグブラン」登場】
【麻婆茄子と麻婆豆腐、そしてカップめんを一度に堪能・「麻婆豆腐茄子ヌードルキング」登場】
【男前豆腐店とワンピースのコラボ、「チョッパー豆腐」登場】
【人気のスイーツをクレープで…「モンブランクレープ」「ティラミスクレープ」ミニストップから期間限定発売】
【栗色生地がステキ・栗ようかんをイメージした中華まん「栗あんまん」ミニストップから登場】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー