ペット保険のアニコム、マザーズに3月3日上場へ

2010/01/27 06:58

ペットイメージ東京証券取引所は2010年1月26日、ペット保険専業のアニコム損害保険株式会社などを子会社とするアニコム ホールディングスのマザーズ上場を承認したと発表した。上場予定日は同年3月3日、証券コードは8715。1単元は100株で、主幹事は野村證券([発表リリース])。

アニコムホールディングスは2000年4月に任意組合として設立された「anicom(動物健康促進クラブ)」がおおもと。同組合で「どうぶつ健保」(ペット共済)の募集をスタートし、「ペットのための保険」という今までの日本には無かった概念の保険の普及を目指し、今日に至る。現在では複数の子会社を経由し、ペット保険だけでなくしつけ、健康管理、動物病院との連携、供養、さらには飼い主のペットロス支援など、多角面でのペット事業を実施している。

【犬は25万・猫は13万……ペットへの 年間支出は 2割増】【いやされる・楽しみ増える・会話増……「ペットを飼ってよかったこと」とは】などにもあるように、日本では年々ペットに対するニーズが高まっており、関連事業の需要も大きなものとなっている。今回の上場は少なからぬ注目を集めることになるだろう。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー