通常版からカロリー40%オフの「銀座カリー ライト」、2月15日から登場

2010/02/04 06:58

「銀座カリー ライト」イメージ【明治ホールディングス(2269)】傘下の明治製菓は2010年2月3日、同社から発売されているレトルトカレー「銀座カリー」から、カロリー40%オフ(153Kcal、同社「銀座カリー中辛」との比較)の健康志向カレー「銀座カリー ライト」を、同年2月15日から全国で発売すると発表した。価格262円(税込)。1箱あたり200g(【発表リリース】)。

↑ 銀座カリー ライト
↑ 銀座カリー ライト

「銀座カリー ライト」では脂身の少ない牛モモ肉や大豆たんぱくから作った具材と、油脂分を減らしたカレーソースでカロリーを大幅にカット。二段仕込みブイヨンで軽やかなのにコクがある味わいに仕上っている。

主要栄養成分は1箱200グラムあたり、エネルギー153Kcal・たんぱく質7.2グラム・ナトリウム1.1グラム。「Light」「40%オフ」「153Kcal」の文字を大きく描いたカロリーオフを印象付けるパッケージ仕様で、健康を気づかう中高年の方にも満足してもらい、「銀座カリー」のブランド拡大、さらには新しい層の顧客獲得を目指すとのこと。

レトルトカレーのパッケージを見直すと、確かに最近のカレーは特段カロリー減をうたっているものでなくとも、それなりにエネルギー量が低いものとなっている。200Kcal台後半の通常版「銀座カリー」を見て「ちょっと栄養があるわね」とたじろいでいた人も、今回の「ライト」なら安心して手を伸ばせるに違いない。

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー