ロイホで80年代の人気メニュー4点が復活

2010/03/25 07:01

「タコス」イメージ【ロイヤルホールディングス(8179)】は2010年3月24日、6月14日の「ロイホの日」を記念し、同年5月11日から6月16日の期間において、事前に募集を行い人気を集めた「復活してほしいメニュー」の上位メニュー「ビーフドリア」「ジャンバラヤ」「タコス」「プリンアラモード」の4品を復活させると発表した。価格は250円-980円。「ビーフドリア」と「ジャンバラヤ」は「タコス」とのセットも販売する(【発表リリース】)。


↑ 「ロイホの日キャンペーン」復活メニュー
↑ 「ロイホの日キャンペーン」復活メニュー

『ビーフドリア』 980円(税込 1029円)、タコスセット 1,380円(税込 1449円)
『ジャンバラヤ』 950円(税込 997円)、タコスセット 1,350円(税込 1417円)
『タコス』 3個 750円(税込 787円)、1個 250円(税込 262円)
『プリンアラモード』 500円(税込 525円)

6月 14日の『ロイホの日』は「ロ(6)イ(1)ホ(フォー・ 4)」にちなみ、2009年から全国のロイヤルホストではじめた記念日。昨年は1週間のみの期間限定販売だったが、反響が大きかったこともあり、今回は1か月強に期間をのばしての実施となる。

今回復活するメニューは当時のレシピを再現し、アレンジしての提供。また、復活を希望してほしいメニューの募集では、去年は純粋に上位三位のみ(「ビーフドリア」「Mr.スタンステーキ」「ポークロースしょうが焼き」、(【当時の発表リリース、PDF】))だったものの、今回は上位三位「ビーフドリア」「ジャンバラヤ」「タコス」に加え、デザート部門の第一位として「プリンアラモード」が選択された。

80年代を子供時代として過ごし、現在は父親・母親の立ち位置にいる人も多いことだろう。自分の子供時代を懐かしみながら、「今の」自分の子供と一緒に食事を楽しむのも趣があるというものだ。


■関連記事:
【通常時の935.5%ものホットケーキを販売したロイヤルホストの「500円でホットケーキ食べ放題」、時間短縮と店舗数130店に拡大】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2017 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー