何て素敵なアイスなの!? パティシエのこだわりアイス「ガトーオムレットストロベリー」発売

2013/11/28 14:30

モン・パティシエガトーオムレットストロベリーメイトーブランドの協同乳業は2013年11月28日、パティシエがこだわりを持って味作りをした本格的アイスシリーズ「モン・パティシエ」シリーズの最新作として「モン・パティシエガトーオムレットストロベリー」を同年12月2日から発売すると発表した。価格137円(税込)。内容量55ミリリットル。熱量129Kcal/個(【発表リリース:冷たいアイスデザート「モン・パティシエガトーオムレットストロベリー」を発売】)。

↑ モン・パティシエガトーオムレットストロベリー
↑ モン・パティシエガトーオムレットストロベリー

「モン・パティシエ(Mon Patissier)」とはフランス語で「私のパティシエ」という意味。作り手とお客が共に、同じ愛情とこだわりを感じることができるという思いが込められている。鎌倉のパティシエ、三輪壽人男氏が素材の持ち味・組み合わせを大切にしながら、愛情とこだわりをもち、洋菓子と同様の味作りを目指して創り上げているのがポイント。これまでにカップタイプのアイスクリームとしてラムレーズンや芳醇マロン、スティックタイプのアイスとしてラムレーズンやチーズケーキなどが発売されている。

今回登場する「モン・パティシエガトーオムレットストロベリー」は、しっとりふんわり焼き上げたケーキ生地で、洋酒のキルシュワッサーを加えて香りと深みを持たせたカスタード味のアイスを包み込み、甘酸っぱいストロベリーソースといちご顆粒(やや大きめの粒)、ローストした香ばしいアーモンドとキャンディング(飴で包み込む)したアーモンド、合わせて2種類のアーモンドをトッピングしている。また紙トレー入りで提供されているので、トレーから取り出して片方の手でそのまま、あるいはスプーンを使って食べることもできる。

ターゲット層は手軽で美味なるちょっとリッチなアイスを求めている、20代から40代の女性。口の中に含むたびに体の隅々まで染み渡り、食べ終えてもしばらく忘れられない味の余韻を実感できるこだわりの一品。一息つきたい時、おごそかな気分を味わい時に是非食してみたいものだ。


■関連記事:
【抹茶もなかに塩バニラ、有名ブランドの人気作…セブン-イレブンのみの上質なアイス3品登場】
【アイスクリームを好むのは中堅層、若年層の2倍も費やす】
【13年のロングセラー「メイトーのなめらかプリン」、発売当初の味を再現した復刻版登場】
【なめらかな焼きとうもろこし風味のプリン登場】
【ちょっとしたぜい沢を楽しめるアイス「PARM(パルム)」の新作はホワイトリッチミルク】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー