女子中学生の感性が活きる・ファッション誌「ニコラ」とファミマのコラボパンやお菓子が発売

2013/11/29 09:30

さくさくパンダ いちごファミリーマートは2013年11月28日、新潮社のファッション誌「nicola(ニコラ)」との共同開発企画商品となるパン「もちぷに いちご(チョコクリーム)」と、菓子「ぷっちょ ピーチソーダ」「さくさくパンダ いちご」の計3品目を、同年12月3日から同社店舗で発売すると発表した。価格はそれぞれ126円・110円・126円(いずれも税込)(【発表リリース:「nicola」専属モデル“ニコモ”も納得のパンとお菓子合計3種類を発売】)。

↑ 販促イメージ
↑ 販促イメージ

↑ 上段左から「もちぷに いちご(チョコクリーム)」「ぷっちょ ピーチソーダ」、下段「さくさくパンダ いちご」
↑ 上段左から「もちぷに いちご(チョコクリーム)」「ぷっちょ ピーチソーダ」、下段「さくさくパンダ いちご」

「nicola(ニコラ)」はおしゃれに興味を持つ中学生を対象とした、1997年創刊の新潮社のファッション雑誌。専属モデルは「ニコモ」と呼ばれ、同世代のカリスマとして人気を集めている。今回はこの雑誌とファミリーマートが手を結び、「ニコモ」を前面に押し立てての共同開発企画と相成った。

試食中商品の開発にあたり2013年6月から「みんなが食べたいニコラコラボ」をテーマにのべ250名以上の読者にアンケートを実施。「パン」「ソフトキャンディ」「チョコレート菓子」のジャンルで商品開発を開始。そして試作品の中から、人気の「ニコモ」の小山内花凜(おさない かりん)嬢、高嶋芙佳(たかしま ふうか)嬢、岡本夏美(おかもと なつみ)嬢や読者が集まり、試食と人気投票を経て、今回発売する3種類の商品が決定した。なお「ぷっちょ ピーチソーダ」、「さくさくぱんだ いちご」の商品パッケージは、「ニコモ」や読者にアンケートを行い人気の高かったデザインを採用している。

「もちぷに いちご(チョコクリーム)」(北海道除く)はもちっとした食感のいちご味の生地で、チョコクリームを包んだ、一口サイズのクリームパン3個入り。「ぷっちょ ピーチソーダ」(数量限定)は読者アンケートで人気の高かったピーチソーダ味の「ぷっちょ」で、パッケージには「おしゃれ」をキーワードにnicolaモデルが考えたデザインの中から読者アンケートで人気の高かったた「ストカジ(ストリートカジュアル)」「デイジー柄」「千鳥格子柄」を起用。「さくさくパンダ いちご」(数量限定)はやはり読者アンケートで人気の高かったいちご味の「さくさくぱんだ」で、パッケージの裏側には初めに手にとった「さくさくぱんだ」の表情でラブ運が占える橘クレア先生の「ぱんだ占い」をデザインしている。

女子中学生の感性が活かされた今回の商品群、どこまで同世代をはじめとしたお客に受け入れられるのだろうか。「nicola(ニコラ)」の読者には雑誌を通じて公知されるのは当然として、口コミ効果がどこまで発揮されるか、そして純粋に若年女性層の目に留まるのか。注目したいところだ。


■関連記事:
【男女で大きく異なる、小中学生の好きな料理】
【『モンハン』で今後コラボしてほしいモノ、男性ケータイ・女性はお菓子】
【『モンハンポータブル3rd』のコラボ、男性は『ガリガリ君』女性は『ユニクロ』がお気に入り】

スポンサードリンク


コメント(Facebook)


▲ページの先頭に戻る    « 前記事|次記事 »

(C)2005-2016 ガベージニュース/JGNN|お問い合わせ|サイトマップ|プライバシーポリシー